よくあるご質問 生命保険の質問に回答をするのですが全くベ

よくあるご質問 生命保険の質問に回答をするのですが全くベ。保険のイメージ戦略が浸透しているからでしょう「必要」論も「不要」論も、共通した単純な誤解があります①「病気になる確率は低い。生命保険の質問に回答をするのですが、全くベストアンサーになりません 医療保険なんてほぼ損する、高額療養費もあるから必要ないと言っているからでしょうか 必要ないと回答すると、必ず他の回答者から、入院すると医療費の他にもお金がかかるとか、損しても安心のためとか批判されます 単純に支払いに対して給付を受ける確率が低すぎるからやめとけ、って話なんですが理解されません この知恵袋でコツコツ医療保険の不要さを広めようと地道に活動してきましたが、無駄でしょうか 新型コロナウィルスで給付金は出ますか。ベストアンサー さま。はじめまして。質問の件ですが。コロナウィルス
に関してですが自主的に検査を受けるだけでは対象今から加入するという場合
も。コロナウィルスに感染しているという検査結果であったり検査を受けてい
ない状態で医療保険の全く症状もない状態で医療機関でない場所に隔離されて
いる状態では給付は難しいのではと思いますが。症状があって回答ありがとう
ございます病気の内容ではなく。治療を目的に入院するといった基準。勉強に
なりました。

生命保険の質問に回答をするのですが全くベストアンサーにの画像。知恵袋。回答をした内容を。匿名にするか。回答を削除する方法が知りたいです知人に
匿名質問者 株式会社がヤフー知恵袋で必死に自演の投稿しています。
知恵袋はベストアンサーとかヤフーポイントなどが貰える関係で。 が削除
してにしないと。クリックしないとどんな質問か全くわからないのでスルー
されるベストアンサーに選びたい回答がない。回答がつかなかったり。役に立つ回答がなかったりしてベストアンサーを選べ
ない場合は。質問を取り消してください。ただし。質問を取り消すと。質問した
際に追加された知恵コイン枚がマイナスされます。質問の取り消しについて

年末調整。ベストアンサー 社会保険に未加入この質問への回答は締め切られました。
質問の本文を隠す生命保険料控除や地震保険料控除のための簡単に使える
計算機も用意しています。保険料控除申告年末調整とは給与収入や各種控除
などからその人が納めるべき所得税を計算することです。手続きを行う上記入
をします。申告書はAとBのつの様式がありますが。記入の仕方は全く同じよくあるご質問。アクサダイレクト生命保険はインターネットでいつでもお申込みができるネット
保険です。医療保険/がん保険/よくあるご質問とその回答を。各カテゴリごと
に掲載しております。 よくあるご質問にお答えします みらいちゃんに質問
する

保険のイメージ戦略が浸透しているからでしょう「必要」論も「不要」論も、共通した単純な誤解があります①「病気になる確率は低い。だからいらない」「いや、保険とは万が一のお守りで」みたいな、「役に立つかは確率の問題」にしてしまう。火災保険や自動車保険は該当しますが、医療保険は違います。一口にリスクと言っても「起きたときのダメージ」と「起きる頻度」の2種あります。火災保険等は前者、医療保険は後者です。そして保険は「頻度が高いものには貧弱になる」性質があります。「互助」である以上、これは避けられません。それなのに火災保険のイメージで医療保険を議論してしまい意図的にミスリードしている方もいるでしょう、まるで「不運な事態を助けてくれる」かのように誤解させられ、論点がずれてしまっています②治療費と比較してしまっています。「高額療養費制度があるからいらない」「いやいやそれ以外にも支出が」ですね。「入会したら定食が毎回100円引きになる有料サービス」があったとして、「定食は安いからいらない」「いやいや追加で一品頼んだりするからいる」なんて議論はしませんよね。「入会費」と「利用メリット」を比較するはずです。もし年会費4万だったら、「年に400回も使わない」とあっさり切れます。保険も同様です。火災保険等であれば、保険料に対して保障が巨大なので無視できますが、医療保険では最重要でしょう。入院して15万の支給を受けても「15万貰えた」のではなく、「15万-これまでの保険料」が正月2000円なら6年毎に15万給付されてもメリットなし③仮にプラスになったとして、意味があるのかを失念しています。異常な超長期入院をしたり、払い込み免除に早々に該当すれば、プラスになるケースはあります。ですが、それらになるんだったらもっとマシな選択肢があります。前者は介護保険、後者は特定疾病保険等医療保険でプラス10万とかになったとして、だから何が変わるんでしょう?いや10万は大金だ、と考える家計なら、掛け捨てなんてやってる場合ではないです。家電の買い換えや災害等で破綻しかねませんこれらの誤解やミスリードが強烈すぎて、話が噛み合わないケースはよく見かけます。「大病になっても」と明記しているのに、「病気にならなかったら損して当たり前。保険を分かっていない」と反応したりとかですね。生命保険不要の人いますし、必要な人もいます。保険に何を期待するかで大きく違います。支払保険料総額 > 保険金給付額、、、の方が殆どです。つまり、> 医療保険なんてほぼ損する、に該当なので、不要論に走る。間違ってません。ですが、損得ではないのです。支払保険料総額<<保険金給付額の方もいます。子育て世代で、この保険給付金で助かった、、、という人もいる筈です。尚、私も、30~50代は、養老生命に入っていました。結果論は、、、損でした、、、でも、お得とならずラッキーです。今の私は、年金生活者、、保険は、3000円/月の掛け捨てのみです。これも、収支決算すると損ですが、保険料毎年リセットと考えれば損ではないとこじつけてます。健康の為に毎月一回分飲み屋減らし、保険料に変わっただけ。コツコツ医療保険の不要さを広めようと地道に活動してきましたが、無駄でしょうか? 、、、保険が必要かどうかは 各自の経済的な事情なども違ってきます必要だと思っている方に 不要と言っても先ず賛同は得られないでしょう質問者が納得するような回答を書かなければベストアンサーは無理でしょう保険は最低限掛ければ良いが 財産の金額次第で不要になる場合も有ります大半の方は保険支払った金額分の還元は無いでしょう保険会社が損しないのは 支払う金額が少ないからです私は保険を損得で加入する加入しないとすること自体が間違っていると思うんです。保険って「万が一」のためのものでしょ?もちろんその万が一がないに越したことはないのですが、その万が一に備えるためですもん。万が一の時に自腹で対応できる潤沢な資金をお持ちの方は保険なんて必要ないでしょ?自己資金で対応できない人が加入するんです。…と私はお話して募集してましたよ…元保険外交員です。納得して加入されたお客様からは案外感謝されていましたがねぇ…自分も医療保険抜いてますよ!三大疾病の特約のみを残して!一発やればデカイから高額医療費制度もあるし仕事中なら労災使えるし交通事故なら被害者なら相手の保険使えるしまた。自分の自動車保険会社もあるし。実際に総合計でいくら払うのか?たかだか少しくらい入院しても元は取れない!その時はやっぱり保険に入っていて良かった~って思ってもそれ以上にあなた、払ってますから!絶対とはいいませんが、ほぼ!ほぼ!損します!だから保険会社が成り立ちます!儲かるから保険会社が損をする保険なんて売ってくれませんよ!>医療保険なんてほぼ損するでは損をしない人もいる、事例もあるってことを認めているわけですよね?このみじかい文章ですでに科学的ではないのである。多くの人は損をすることは知っている。絶対必要だと断言はできない。不要だと思う人もいる。そしてもみんなも「あなたと同じように悩んでいる」>医療保険の不要さを広めようと地道に活動してきましたが、無駄でしょうか?まだまだ勉強が足りない、もっと研究して、もっと科学的に、そして熱意と人に理解される正確な文章を発見するまで、、、継続することが必要でしょう。損しなかった私としては必要でした。まさか自分が給付金をこんなにもらう立場になるとは思っていなかったので、確率が低くても、自分がその低い確率の該当者にならないという確証がない限り不要だとは言い難いです。基本お金がない方が緊急時に備えるのが保険です。保険ということば他にも使いますよね。ほけんかけとくか???。なんて。医療保険不要という記事がある経済紙に書かれておりました。たしかに高額医用費助成制度使えば???。6/28に入院して7/4に退院した場合、6月度入院費?手術費70000円7月度治療費入院費45000円とした場合合計115000円、この場合は…高額医療費助成制度はりようできません。また、会社勤めや公務員の方のように年休や傷病手当金が支給されない国民健康保険の場合、いわゆる自営業のかたです。その方たちは仕事しなければ収入になりません。収入の保障という観点から保険に加入されている方もいます。ですから、一概に自分の思いを人に強要してもそれは通りません。考えは人それぞれです。不要と思う人もあり、必要と思う人もあり。質問者が、その回答の中から共感を覚えたものがベストアンサーとなるわけですから、それは致し方のないことではないでしょうか。貴方には自分の信念があるのですから、それを貫けば良いだけです。ただ、ここに不安をもって書き込む質問者さんは、少なくとも保障は必要と思っている方ばかりです。保険保障は必要だけど、いま自分が持っているものは、自分の求めているものなのだろうか?いまの保障は、自分や家族を守るために機能する、『お守り』たる役目を果たしてくれるのだろうか?ムダな保障の組み方で、ムダな保険料を払いすぎてはいないだろうか?ムダなところがあるなら、どこを改善すれば良いのだろうか?そんな思いがある方達に保険なんてもの自体がムダ!そんなものにお金を掛けるなら、投資や貯蓄で資産を増やすべき!国民皆保険制度なんていう素晴らしいものがあるじゃないか!高額療養費制度もあるし、そんなに出費だって嵩まない!かかったとしても、たかが10万程度じゃないか!そんなことをいったところで、響かないと思いますよ。その高額療養費制度適応後の医療費負担額の約10万+自己負担額…かかったとしても大体15万程でしょうか…それをまとめてポン!と出せるほど、お金に余裕がない方が多いのです。お金があっても『イザ!』となると、お財布が痛い…と思うのが大抵の日本人ですから。それに私の経験談からですが、保険なんて不要だ!と声高におっしゃっていた方ほど、後で『保険を考えているんだ』と声をかけてきます。まぁ、その段階で加入できる健康状態ではないんですけどね…残念ですが。とにもかくにも、貴方の意見は意見として、その信念を曲げずに堂々と主張すれば良いかと。そのうち、共感を得られるかもしれません。私こそあなたのご意見をお伺いしたいです。生命保険なんて甘言で誘ったくせに、出すときは舌でも嫌だと言うのが、良く解りました。↓↓↓↓↓保険会社について特約の障害給付の質問です。当方、医療従事者ですが、生命保険については『万一のため』と言う認識で、さほど詳しくありませんでした。2年近く前ですが、雨の日にマンションの階段を思い切り転げ落ち、8ヵ所骨折、左踵骨は粉砕したため、身体障害者となりました。その際の通常の生命保険金は1日10000円とすんなり出たのですが、特約で付けた後遺障害の障害給付金が、すったもんだのやり取り調査会社の人が質問に来たり、整形外科医と何度もやり取りしたりをしたのち請求者の重大な故意又は過失とのことで給付されませんでした。普通に生命保険金は2週間程度で下りたのに驚きです。最終的には私ではなく、医師と保険会社とのやり取りで決定します、との通知が来ていたのに、いかにも私が故意か過失で給付金50万円程度を狙ったかのような、紙面での回答でした。それならそれで早く理由を言えば、半年も延ばす必要などなく、すっかり忘れていられたのに、と悔しいです。確かに雨で階段をかけ上がったのは過失かも知れませんからね。生命保険会社って出さないときは舌も出さないって、この事ですか?私も医療保険なんて必要無いなと思いました。37年間病気もせず、保険にも入っていませんでしたが、この前初めて5日入院しました。費用は約10万ほど。しかし、保険料をずっと払っているひとより入院費は安価なのだと思いました。また、仰る通り高額医療費で戻ってきますし必要性を感じませんでした。その掛け金で、投資や個人年金をした方がよっぽど将来の為になるのでは?と考えております。あなたが重病で入院した時の実体験を語っているなら少しは説得力があったかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です