不正競争防止法 知的財産技能管理検定の問題です Q 不正

不正競争防止法 知的財産技能管理検定の問題です Q 不正。ここで広く知られているのは自己の商品であって、包装ではありません。知的財産技能管理検定の問題です

Q 不正競争防止法に規定する不正競争に関する記述として、最も適切なものはどれか

という問題で、私は、

ア 需要者の間に広く知られている事故の商 品の包装と類似する包装を使用した他人の商品が販売されていれば、不正競争行為を理由として、その販売の差止めを請求できる

という選択肢が適切と思ったのですが、解答は別の選択肢が適切でした 解答にあった選択肢が適切であることは納得できたのですが、私が最初に適切だと思った上記の選択肢アは、どこが不適切なのでしょうか

知恵をお貸しください 知的財産管理技能検定知財検定2級管理業務第37回学科?実技。年内最終勤務を終えて久々にネットを開いたら。知財検定級第回試験問題が
公開されていたので。ちょっと解説してみようと思います。不正競争防止法は
出題数こそ少なめですが。知財検定で勉強しておけば。後々とっても役立ちます
よ!そして。特許出願の出願日は「」。特許の出願日は「
」ですから。「先願の地位」を有するのは特許です。

国家試験。知的財産管理技能検定第回検定は緊急事態宣言が発令
されている場合であっても実施する予定です検定実施に関する新型コロナ
ウイルス感染拡大防止への取り組み第回検定申込受付中検定試験実施データ知的財産管理技能検定問題集2級「実技」。出題頻度の高い分野は重点的に問題配分。出題の重要度を3知財シリーズ 知的
財産管理技能検定問題集2級「実技」廉価版 廉価版 知財シリーズ 知
////?=
目次 第1章 特許法?実用新案法第2章 意匠法第3章 商標法第4章 不正競争
防止法第5章 著作権法第6章 産業財産権4法以外専門は知的財産。産学連携
。中国産業政策本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもの
です

不正競争防止法。不正競争防止法の目的は。 事業間の公正な競争およびこれに関する国際約束の
的確な実施を確保することにより。国民経済を健全に発達させることです第1
条。 <不正競争に対する措置> □差止請求 □損害賠償請求 □信用回復措置
請求知的財産権の3つの種類。個人の許可なく写真や動画に使用されていた場合。映っている個人が誰か判別
できる状態で受忍の限度を超えていれば。侵害を主張することが可能です。 不正
競争防止法 不正競争防止法は。周知されているマークの不正使用。

ここで広く知られているのは自己の商品であって、包装ではありません。ですので、他人の商品自体が類似していれば不正競争行為になりますが、包装が類似していても関係ありません。包装に類似する商標を付した場合には適用され得ます。具体的にイメージしていただければわかると思います。商品が著名であるからといって包装にまで権利が及んでしまうと商売として成り立たなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です