今月の流行病 5月末より咳が1ヶ月続いています先月6月は

今月の流行病 5月末より咳が1ヶ月続いています先月6月は。アレルギー性鼻炎かもしれませんね。5月末より咳が1ヶ月続いています
先月(6月)は微熱が続いていました 検査をして特に数値に異常はみられませんでした レントゲンも異常はありませんでした 感染(百日咳とかマイコプラズマ) もマイナスでした 咳止めの薬をのんでるのですが、全くよくなりません 胸が痛かったり、咳の勢いでオエッてなることもありました
今月に入って胸の痛みはなくなりましたが、咳が全く治りません 痰が少し絡まってます 朝夕が酷いです また病院(内科)に行こうと思うのですが、また検査して何もないって言われたら検査の意味というか虚しい気がします 只、今は喉が痛くてたまりません
何もしないでじっとしていると咳は出ません
微熱もあったりなかったり、常にダルいです
そういった場合、何を疑うべきでしょうか 長引く咳:医師が考える原因と対処法。咳が~週間以上続いている; 発熱。くしゃみ。痰など風邪のような症状があり。
辛いなかなか咳が止まらないとき。病気が原因となっている場合も考えられ
ます。まず。咳がどれくらいの期間続いているのかチェックしましょう。
いずれもかぜなどよりは体の深い場所で起こっている病気のため。適切な治療を
受けることが必要です。症状が肺炎 関連記事数 記事月末に風邪を引いた
のですが。熱自体は日で治りましたが。咳だけが未だにか月近く長引いており
ます。

“見えない感染”。新型コロナウイルスの。国内での感染が広がりを見せている。タクシー運転手
重篤となり入院中の男性の妻「朝測ったときは。私が36.1度。主人が
36.4度。2人ともそんなに心配していなかった。この日。12現在は集中
治療室で。予断を許さない状況が続いているといいます。最初にせきが出て
から5日後になって。38度の発熱がありました。電車やバスに乗り。寺や
レストランを回ったといいます。9日間の滞在を終え。先月3日に帰国。「2週間以上微熱。5月29日から~の微熱が2週間以上続いてます。6月8日に血液検査
をしてもらいましたが。定性ー…ヶ月程度程
の微熱平熱は度程と息苦しさ。気管と胸の違和感が続いています。季節の

医師に相談アスクドクターズ。かかりつけから風邪薬を処方してもらい。飲み始めたところ。鼻水くしゃみは
とまりましたが。微熱の状態が続いています。 他に症状は何もなく月日から
の授業開始に伴い。アルコール消毒を主とした対策を考えています。 しかし。
学校新型コロナウイルス感染に関する重要なお知らせ。「 トラベル キャンペーン」などを利用して県外へ旅行する方が多くなっ
てきています。発熱微熱を含むや咳など比較的軽い風邪の症状が日間
以上続いている場合; 今まで経験した事がないような嗅覚の当院では近畿圏内
に新型コロナウイルス感染が最初に報告された年月末から当院の主要
診療科目の特性を鑑み。定期受診されている患者新患受付を休止しており
ましたが。年月日に全国の緊急事態宣言が解除に伴い年月日から
新患受付を一

呼吸器疾患の解説。受診を要すると思われる呼吸器の病気に関連する症状を列記してみます。 ① 2
週間以上続く咳。 ② 1週間以上続く原因には。種々の病気。肺癌。肺結核。
慢性気管支炎。気管支拡張症。肺線維症。気管支喘息。咳喘息などがあります。
急性気管支炎 風邪に引き続いて起こることもあり。多くは細菌感染で。発熱
。咳や痰黄色が風邪のときより症状が肺炎とは 一般には細菌性肺炎の
こと。肺炎球菌。その他の菌により。正常な人でも風邪の後などに肺炎を起こす
こと今月の流行病。溶連菌感染症溶連菌という細菌がのどに感染し。のどの痛み。発熱。発疹。
いちご舌などを呈し。うつる病気です。症状は嘔吐。腹痛。発熱。下痢。頭痛
です。~日で治りますが。吐き気が強い場合点滴が必要な場合もあります。
また熱が~日続いてその後咳が長引き。気管支炎をおこす風邪もあります。
月より新潟市で保育園を中心に流行が見られています。ヵ月未満の乳児が罹る
とゼイゼイし呼吸困難を起こし入院が必要になり先月より徐々に減少してい
ます。

アレルギー性鼻炎かもしれませんね。その場合は耳鼻科です。こんばんは^-^長引くのは心配です、はちみつや昼間ならコーヒーもお薦めです。咳止め効果があります。しかし、やはり長いので再度内科へ行ってみてください。まずは病院へ電話して症状を伝えて指示を仰いでもいいです。家の中のカビを疑ってみて下さい。この季節はカビが発生して胞子を飛ばします。寝てる間に吸い込んで、肺に入ってしまうと肺炎になり、そういった症状が出ますが、レントゲンには写らないし、血算数値でも分かりません。カビにも色々あるので、マイコプラズマが否定されても他のカビの胞子だと、検査では分からなかったりもします。ベッドの下、ソファの内張の中、押し入れの中、床下や壁の中なんかにも繁殖している場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です