参加のメカニズム 選挙での投票行動を決定する為には政党の

参加のメカニズム 選挙での投票行動を決定する為には政党の。現在の日本は、民主政治の最後の段階である衆遇政治です。選挙での投票行動を決定する為には政党の考え方を知ることは必要不可欠です 「イエス?ノー」での回答を求めることが印象操作でしょうか こういうことを政権与党が言うことも理解出来ません 答えることで不利になるから答えたくないだけでは 質問に誠実に答えず、論点、話のすり替えをする安倍総理こそ不誠実では 皆さんはどう思いますか
https://headlines yahoo co jp/hl a=20190703 00000055 mai pol
首相「イエスかノーかは印象操作」 党首討論で挙手せず 手法に疑問
7/3(水) 15:57配信
毎日新聞

参院選を前に3日にあった日本記者クラブ主催の党首討論会で、クラブ側から該当する場合に挙手を求められた質問で、「原発の新増設を認めない」「選択的夫婦別姓を認める」の2項目で、安倍晋三首相のみ手を挙げなかった また、「LGBTなど性的少数者への法的権利を認める」については、安倍首相と公明党の山口那津男代表の2人が挙手しなかった

一方、「女系天皇を認める」については、共産党の志位和夫委員長と社民党の吉川元幹事長の2人が挙手した

ただ、これらの質問については、安倍首相は「政策的な議論をしなければならない 政治はイエスかノーかではない 今の段階で答えられなくても直ちにノーではない 印象操作をするのはやめてほしい」と苦言を呈した
(転載ここまで)

https://americancenterjapan com/aboutusa/translations/3077/
民主主義の原則 – 概要:民主主義とは何か
●民主主義国は、すべての市民に対して開かれた、自由で公正な選挙を定期的に実施する 民主主義における選挙は、独裁者や単一政党の隠れみのとなる見せかけの選挙ではなく、国民の支持を競うための真の競争でなければならない 参加のメカニズム。その結果。従来の政治参加を表す数理モデルよりも。新たなモデルの 方が実際の
調査データとの一致度が高く。正確な予測ができることがわかる。また。有権者
の 若い時期選挙権を得た最初の選挙での投票経験と支持政党の連勝がその後の

政党支持は投票行動を規定するのか。本稿では実験的手法を用いて,行動意 欲とは異なる長期的党派性は,政党ラベル
や候補者要因が投票行動に与え る効果をどの程度条件付けるのかを分析すること
で,政党支持の規定性の 検証を試みる。大阪市および近畿圏在住の有権者を京都府民の投票行動。向に 京都府 民 の 投 票 行動 公明選挙世論調査を中心
として! 太田雅夫 目次 まえがき 調査の概要」 政党本位か人物本位か

現在の日本は、民主政治の最後の段階である衆遇政治です。利益供与?賄賂?忖度?裏金?二世議員三世議員などが横行する日本です。今の日本に<真の競争>など、有ろうはずもない。あるテーマに対して明確にイエスと答えた場合、与党と野党でその重みが変わってくるのではないでしょうか?与党はそこでイエスと答えた場合、その後議論の末答えがノーになったときに、嘘をついたあるいは約束を守らなかったという批判を受けることになります。野党は実際にその政策を実行に移すことができなくても大した批判は受けません。だから野党ははっきりイエスと答えやすい環境にいるのだと思います。それに対して与党には発言?主張に実行が伴うことを要求されるのでシビアな問題例えば夫婦別姓問題には自民党内に一部根強い反対派がいて先行きが見えないになかなかイエスということはできません。このような背景があるにもかかわらず、どこどこの政党は挙手をしイエスと言ったが、自民党は挙手しなかったつまり問題を解決する気がないというような報道をされうることに対し不快感を示したのではないかと思いました。今現在議論中ではっきりどちらか言えない問題に対しても、与党であるばっかりにイエスと答えることができないような質問の仕方は不公平で不適切であると言われても仕方がないです。メディア側に実際に印象操作をするような意図があったのかは分かりませんが、この質問仕方は雑で良いやり方ではないのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です