尾木ママが高校生と語った いじめなんてなくならないのにな

尾木ママが高校生と語った いじめなんてなくならないのにな。いじめられる人に原因はあるかもしれませんが、責任はないと思います。「いじめ」なんてなくならないのに、なぜ「いじめ」をなくそうとするのですか だから結局解決策などなく、同じ意見の繰り返しで、「いじめ」で自殺する子供も定期的にでてくるんですよ
「いじめ」なんて絶対になくならないんだから、いじめられたときに最前の策を投じれるような議論をすべきではないでしょうか

あと、「いじめられる側にも責任がある」というと、偽善者はなぜ全面否定するんですか そこで議論がすすまないんですよ いじめられる側にも責任があるという立場から考えてみると、案外、いじめられ方がわかってくると思いますよ NHK。「どうせ。いじめはなくならない」とあきらめていませんか?この夏をスタート
に。その人がなぜいじめられているのか理由をつきとめて。解決してあげたい
。いじめをなくそー, いじめをしている人は。いじめていると思っていないん
だと思う。いじめおなかがい隊, いじめなんて言葉。辞書にはないよ?なんて

尾木ママが高校生と語った。なぜ。いじめはなくならないのか ~大人社会の競争原理と共生社会 女子
高校生 今は小中学校でも外国人の子どもが増えてきています。人種差別も
いじめの一つと思います。自分と違った個性が受け止めきれないことも私は問題
と加藤浩次「いじめなんてなくならない」と激怒。その中で「色々な人がいるので付き合いが大変」「学校行事のなのに雑談が
多くて困る」などと人間関係に辟易としているとのこと。 さらに。既読スルー
などを理由にママ友同士の仲間はずれやいじめをしてくる母親や。ヒトがいじめをやめられない衝撃的理由。その悲しいニュースに触れるたび。多くの人が「いじめなんてなくなればいい」
と憤るのに。学校という枠だけでなく。社会に出てもいじめはなくならない。人
は誰かをいじめずにはいられないのだろうか――。 誰もがよく

?イジメと戦争?はこの世から絶対に消えない。イジメと戦争?はこの世から絶対に消えない それでもそりゃ「イジメやめよう
ぜ」ではイジメがなくならないわけだ。娯楽なんだもんそれがイジメのような
クソ面白くない娯楽であろうと。娯楽であるかぎり取り上げることはできない。
ただ。ギターにハマったら。イジメなんてしている暇はない。日本の学校からいじめなんてなくならないのになぜ日本の学校から。日本の学校からいじめなんてなくならないのになぜ日本の学校からいじめを
なくそ。日本の学校からいじめ,いじめはなぜ止められないのか,いじめはなくせる
と日本の学校から「いじめ」が絶対なくならないシンプルな理由。日本の学校から「いじめ」が絶対なくならないシンプルな理由 だから子どもは「
怪物」になる 内藤 朝雄 明治大学准教授いじめ問題研究 プロフィール 最近。
また「いじめ」が大きなニュースとなっている。なぜいまだに根本的な解決に

いじめられる人に原因はあるかもしれませんが、責任はないと思います。「いじめ」なんてなくならないのに、なぜ「いじめ」をなくそうとするのですか?それは単に認識の違いかと。仮に日本からいじめを撲滅できてもそれをもって「いじめは無くなった」とは言えません。世界各国にはいじめがはびこっているからです。仮に地球人類からいじめを撲滅できたとしても、それをもって「いじめは無くなった」とは言えません。なにせ動物の世界にもいじめが在るのですから。例えば地球上からいじめを撲滅できても、この広大な宇宙には地球型惑星が多数あってそこに生物がいたならやはりいじめはあるでしょう。よって地球上からいじめを撲滅できたとしてもいじめを無くす事とはなりません。しかしながら、我々の言う「いじめを無くす」とは、この宇宙からいじめを無くすと言う意味では無いはずです。つまり、突き詰めてしまえば個々における身の周りのいじめが無くなってくれる事を願っている訳で、実に限定的な話しなのです。我々の言う「いじめを無くそう」とは、決して宇宙からいじめを根絶する事では無い。その辺りをちゃんと理解できていたなら問題無いのです。「いじめ」なんて絶対になくならないんだから、いじめられたときに最前の策を投じれるような議論をすべきではないでしょうか?国にとっていじめよりも国防の方が優先順位が上位です。貴方の理屈だと、国民総出で国防を考えろって事になります。実際は国防を考える人もいれば経済を考える人もいます。全員で同じ事を考える必要など無いのです。「いじめを無くそう」とは別に最善策について議論する人たちも居ますのでそこは心配する必要はありません。あと、「いじめられる側にも責任がある」というと、偽善者はなぜ全面否定するんですか?そこで議論がすすまないんですよ。それは偽善者だからでしょ?。基本的に偽善者って口だけで何もしない人達です。何もしないから進展も無いんですよ。けれどそう言う人たちの事を偽善者と呼ぶわけですから何故と問われても「そう言う人たちだから」としか言えません。いじめられる側にも責任があるという立場から考えてみると、案外、いじめられ方がわかってくると思いますよ。そこは思想の自由が在りますので、いじめられる人生を選ぶ自由も「アリ」なんですよ。本人の望む望まないに関係無く… です。例えば銀行強盗の犯人は刑務所に入る事など望んでいないはずです。それでも結果的には刑務所に入るであろう強盗という選択肢を選びその人は銀行強盗を決行し、刑務所に入る事となります。それができてしまう自由が我々にはあるんです。それと同じく、いじめられる人生を望まなくとも、いじめられっ子になる周りの人達から嫌われる行動を選べます。それでそいつがいじめられようがそいつの自由です。議論や話し合いはしても自分の考えを曲げないと言うならなるようにしかならないので、ほっとけばいいんです。>いじめられたときに最前の策を投じれるような議論これをすれば、いじめ減少への方策になります。>「いじめ」なんてなくならないのに、なぜ「いじめ」をなくそうとするのですか?誰もなくなると思ってないですけど。世界には様々な問題があります。「撲滅」とか言いながら議論していますけど、本当に0になると思って議論しているのは、世界中で「あなた」だけですよ。 ?_?、だから、みんな議論しているときに「そんなこと議論しても0になるわけないじゃないかぁぁあぁぁ」って言わないわけで、それを言うのは世界中で「あなた」だけですよ。 ?_?、何を考えてらっしゃるのですか?世の中の議論は、問題をできるだけなくそうと方策を練っています。いじめられた時の対応策も考えています。市民はいじめた自殺した事件があれば、いじめ加害者にネットで実名晒し?写真晒し?誹謗中傷等の、ネットいじめ攻撃でいじめ返しをしています。この行為は違法行為で褒められたものではありませんが、いじめの抑止力にはある程度なると思っています。こうした形で、いじめ件数は減る傾向にはあります。昔はもっとひどかったのです。ですので、世界は減少に向けて方策を練っています。「0にならないから議論はやめややめや!」って言っているのは、世界中の中で、あなただけだと思いますよ。>「いじめ」なんてなくならないのに、なぜ「いじめ」をなくそうとするのですか?「いじめ」を「犯罪」におきかえてください。どうなりますか?>「いじめ」で自殺する子供も定期的にでてくるんですよ。その理屈でいくと、人ひとりの命はその程度の重さしかないとでも言っているように聞こえますが?中には、実際、5年おきにいじめ自殺者を出したり、3年連続でいじめ自殺者を出している学校も現実にあります。この問題を放置すべき理由は0です。>「いじめ」なんて絶対になくならないんだから、いじめられたときに最前の策を投じれるような議論をすべきではないでしょうか?それは否定できません。まず、①学校から体育の授業と部活動をなくし、または部活動については外部のスポーツクラブや文科系のクラブを運営する会社等に委託するか、専任顧問として教師以外の人を雇う②トイレを除くすべてに防犯カメラの設置です。①先生の負荷を減らし、その分を生徒の安全に気をくばりやすくする。②不幸にも、いじめがおきたとき、いじめ被害者の両親に証拠をフィードバックし、いじめの早期法的解決を図り、自殺者を出さない学校にする。>「いじめられる側にも責任がある」というと、偽善者はなぜ全面否定するんですか?そこで議論がすすまないんですよ。いじめられる側にも責任があるという立場から考えてみると、案外、いじめられ方がわかってくると思いますよ。まず、その理屈を否定する人は「偽善者」ではありません。前面否定する理由は、それが真実だから。それだけです。いじめの原因は、いじめっ子のひねくれ根性以外ないからです。仮に、いじめられる側に何等かの原因があったとして、それで100人が100人全員、その人をいじめますか?自分が、いじめられないために、加担する人はいるかもしれませんが。なぜ、いじめないといけないのでしょうか?なぜ、いじめに加担しないといけないのでしょうか?なぜ、いじめたり加担しない人がいるのでしょうか?本質的な問題は、いじめる側が自らの承認欲求に折り合いをつける努力をしていないことが原因です。いじめっ子の親の育て方の原因ともいえる。そこで、もうひとつ疑問が生まれます。いじめられっ子にはいじめられる原因があると、それがない状態、いわゆる「完璧な状態」を求めるくせ、いじめっ子は自らがそういう「不完全な状態」なのを棚上げするのですか?そして、なぜ、いじめられっ子は「完璧な状態」でないといけいないんですか?そういうことをいじめられっ子にいじめっ子が求めて、正当化しようとしている時点で、「いじめの原因は、いじめっ子のひねくれ根性以外ない」という結論にしか至らないから、「いじめられる側にも責任がある」というひねくれた屁理屈を、真実を理解している人は全員は全面否定する。単純にそれだけの話です。イジメは、自分より弱い相手でないとできないから、相手よりも、強い力を使えば、いじめをやめさせることができるみたい。つまりだな、小説マキャベリアンにあるみたいに、いじめっ子を、後ろから不意打ちで、相手が泣くまでバットでボコボコになぐったら、もう絶対にいじめてこなくなるんだって。でも、マキャベリアンになったらダメだからなあ……。マキャベリアンになったらダメだからなあ……。話し合え!マキャベリアンになったらダメだぞ。いじめ対策ってそもそも「なくすためにある」んじゃなくて「減らすためにある」んだから、なくならないとか定期的に出てくるとかは関係ない。ま、それはそれとして、被害者の落ち度を言うべきかどうかなんだけど、被害者の落ち度のほうにフォーカスできないのは理由がある。まず一つは、加害者を甘やかして他の被害が拡大するということ。もう一つは、被害者に根本的な自己否定を強いるわりに解決策が明確じゃないということ。たとえば、食べ残しを食卓にほっといて翌日の夕食のおかずにして腹を壊す奴がいたら、それが腹を壊す理由だろって話になる。つまり直すべきところが明確にである。でもいじめの場合、実際に被害者のどこがどう問題なのかなんて加害者にすら分からない場合が多い。なので「被害者もなぜ自分が被害に遭うのか反省しろ」と言われてもどこをどう反省すべきか誰にもわからない。まずいじめられる方にも原因があるって事を伝えられてないよね。いじめている方は。遠回しに伝えてるでしょ。態々陰湿な真似をして。単刀直入に言わないと相手はいつまで経っても「何故自分はいじめられているんだろう」と気づくわけがない。どうせ、変わらないなら、先ず、議論を止めてみましょう。この世の中、加害者が悪いと言いすぎですよね。もちろん、イジメにも程度がありますので陰湿な行為はよくないと思いますし許せません。しかしながら、イジメが起こる原因って必ずあると思うんです。そこに目を伏せていては何も根本的なものは解決できないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です