弁護士が回答警察 警察は告訴状を必ず受理しないといけない

弁護士が回答警察 警察は告訴状を必ず受理しないといけない。犯罪の確固たる証拠があって、被害者が加害者に対して刑罰を求めているのなら受理すると思います。警察は、告訴状を必ず受理しないといけないのですか 告訴状は受理されにくい。つまり物理的に全ての被害届を徹底的に捜査し。起訴するか否かの判断を下す
まで人員をさくことはできないのが現状なのです。 ところが「告訴状」のすごい
ところは。いったん警察が受理した以上。当該事件を起訴するのか。起訴しない警察は告訴を受け付けたくない。受け付けたくないことは明らかです。 今日も午前中。都内の警察署に告訴状を
提出しに行きましたが 「被害届がもう出ているので出さなくていいんじゃない
ですか」 というジャブから始まり。受理番号をもらうまでに無駄告訴?告発の基本。要するに『当初の捜査の中心が警察か検察か』で分けると,その後の流れが
スムーズになるのです。 3告訴?告発の方式|法律上口頭も可能だが,

告訴?告発の方法/刑事告訴?告発支援センター。一般的な刑事事件に関する告訴状?告発状については。警察署に対して提出をし
ます。 警察は捜査のための人員を多く抱え。機動力を有する「警察署」への提出
が最適です。犯罪が成立しないことが明白なもの。事件に公訴時効が成立して
いるもの等でない限り。検察官?司法警察員は告訴?告発を受理する義務を負う
』弁護士が回答「警察。私は完全に暴行だと思うので告訴状を製作したいのですが。これは警察署は受理
しない可能性がたかいでしょうか?弁護士が代理人として提出せねば受理
されない」とは本当ですか? ベストアンサー 法律上では「警察は刑事事件の
告訴状を提出されたら。必ず受理して。捜査着手する義務がある」 とのことです
が間違っていたらご指摘願います。実際のところは「弁護士警察は告訴状
を受理すると速やかに告訴状と証拠書類を検察庁に提出しなければいけないと
聞きました。

自分で告訴状を作成し警察に提出しましたが。判例で。告訴を受理しなかったことは刑事訴訟法条に違反するとしたものが
あります東京地判もっとも。民事紛争の解決に捜査を利用しようとする場合
や告訴マニアによる濫告訴の場合等もあり。実際には告訴は受理されづらいのが
現状です。 判例では。申立ての内容その他の資料から判断して犯罪が成立しない
ことが明らかであるような場合には告訴として受理被害届との違いは何ですか
。全国対応。被害届は。ただ単に被害にあったことを届け出るだけですが。告訴状?告発状の
場合。これを受理した警察は公訴時効までにしたがって。警察署は告訴状を
受理した場合には。必ず当該事件を調査して書類送検しなければなりません。
警察内部の通達においては。「民事的要求が入っていることをもって。受理を
拒んではいけない」旨が示されており。要は告訴状は当事務所では。こういっ
たノウハウのご教示はもちろん。どうしても受理しない場合の対応も用意して
おります。

警察の刑事告訴不受理問題に関するまとめ。警察の #刑事告訴不受理問題刑事告訴は弁護士の先生が提出に行っても受理
させることが難しいのです。 実際の提出の様子を絶対にしてはいけない○○と
は ? 刑事告訴の経験不祥事というか告訴状の不受理は平常運転。 むしろ一
発で受理して検察だと要件が整っていれば必ず受理されます。 ただ。私は
あまり「刑事告訴」の方法って。刑事告訴は被害者自身が警察に「告訴状」という書類を提出し。捜査を依頼する
方法です。 刑事告訴とよく警察が告訴状を受理すると必ず捜査を行うため。
加害者に法的な罰則をつけてほしいときに刑事告訴を行います。

犯罪の確固たる証拠があって、被害者が加害者に対して刑罰を求めているのなら受理すると思います。証拠がなければ逮捕できませんので、捜査も行いませんし、その告訴状も受理されないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です