新井白石三閑院宮家の創設 新井白石が閑院宮家を創設したの

新井白石三閑院宮家の創設 新井白石が閑院宮家を創設したの。皇位継承者を確保するためです。新井白石が閑院宮家を創設したのはなぜですか 日本史の考え方14「新井白石の政治戦略②」。新井白石はどのような戦略で。短命?幼児と続いた将軍の権威を高めようとした
のかを考えてみましょう?ということでした①閑院宮家かんいんのみやけ
を創設。 閑院宮家が創設されるまで。宮家は三家しかありませんでした。新井
白石は宮家を増設してあげることで。天皇家との結びつきを強めたのです。
日本史の考え方15「なぜ摂関政治期に女流文学が花開いたのか」閑院宮家がなぜ設立されたか。メールでの質問への応答です。閑院宮家について。 なぜ白石が
閑院宮家を設置したかがちょっと。よくわかりません。天皇の兄弟や子?孫
以外に,皇族のなかで特別に“親王”を名乗ることを許された家があるのですが,
それが宮家親王家とこういう状態に対し,新井白石は,将軍家の永続を
望むのならば皇室の繁栄をこそ図るべきだと進言,それに基いて幕府が1万石を
献上

新井白石。理由としては。幕府財政の逼迫と。京都からの勅使の応接と比べ。朝鮮通信使の
応接が良いことを問題視したためである。 また白石は。将軍と朝鮮国王を対等な
立場にすべきと考え。将軍の呼称を変更した。 外交「新井白石の政治で天皇家と幕府の関係はどうなったか。新井白石の政治で天皇家と幕府の関係はどうなったか?白石の“閑院宮家”設立
がキーポイントになります。たらそりゃあ感謝しますし絆も深まりますよ ね
。そうやって白石も朝幕の結束力を強めようとした わけです。新井白石の「正徳の治」ってなんのこと。正徳の治は。儒学者の新井白石によって。6代将軍?家宣。7代将軍?家継の
時代に行われた政治改革。年当時。世襲親王家は伏見?有栖川?桂京極
の3家だけであり。皇統が断絶してしまうことを恐れた白石が。新たな宮家を
創設することを献言し実現させた。この白石の施策のおかげで。のちに後桃園
天皇が後継の男子をもたずに崩御したとき。閑院宮家から祐宮師仁王 さちのみ
やもろ

新井白石の正徳の治シドッチ尋問と。その帝国が崩壊したという話題です。 私は。どうして一代で帝国をなし得たのか
ということに関心があります。最近。七尾和晃氏の『堤義明 闇新井白石三閑院宮家の創設。かといって皇太子以外が法親王になるのは長い間に培われてきた習慣です。習慣
にやかましい朝廷が。簡単に変わるはずもありませんでした。 このような状況を
かんがみ。新井白石は将軍家宣に進言

皇位継承者を確保するためです。天皇家、朝廷は特に室町時代以降経済的に武家政権に依存していました。現代において例えば今上天皇の次男文仁親王昭和天皇の次男雅仁親王大正天皇の次男雍仁親王同じく三男宣仁親王同じく四男崇仁親王はそれぞれ天皇家あるいは皇太子家から独立し秋篠宮家、常陸宮家、秩父宮家、高松宮家、三笠宮家を創設しています。新たな宮家を創設しようとするとその財政的基盤を持つ必要があり武家政権に経済的に依存をしていた天皇家ではそれ以前から存在、つまり既に財政的基盤を持っていた世襲親王家と呼ばれる四つの宮家以外に新たな宮家を創設できないでいたんです。それでたとえ天皇の男子として生まれても皇太子つまり皇位継承者以外の男子はその四つの世襲親王家を継承する予定もない場合出家して法親王となるのが慣例になっていました。還俗して皇位を継承した前例がなく一旦出家してしまうと皇位継承権は喪われると認識されていました。このような状況では適当な皇位継承者がいないために皇統が断絶する危険があります。後光明天皇がまだ若年で崩御すると皇太子となるべき高貴宮はまだ赤ちゃんで皇位を継承するには相応しくないと幕府は判断し世襲親王家である有栖川宮家を継承していた後光明天皇の弟良仁親王が高貴宮が成人するまでの中継ぎとして皇位を継承しました。一方の徳川家ではこのような事態に備えて御三家が存在しさらに後に御三卿も創設されます。血のスペアを確保していたわけです。幕府にとっても皇統が断絶することは絶対に避けなければなりません。なぜなら幕府=徳川将軍家の正当性は天皇から将軍に任じられることによって成り立っていたわけですから。それで皇位継承者を確保するため財政的支援者である幕府が新たな宮家を創設させることにしたんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です