正代の大関決定 大関昇進の口上で武士道精神と述べた貴景勝

正代の大関決定 大関昇進の口上で武士道精神と述べた貴景勝。大名のお抱え力士は武士待遇なので別に間違ってはいないのでわ別に「力士が武士階級出身者である」とは貴景勝は言っていないでしょう。大関昇進の口上で「武士道精神」と述べた貴景勝は大相撲の歴史を本当に理解しているのだろうか 江戸時代、士農工商どの身分からも力士になれたという大相撲の歴史に鑑みれば、大関昇進の口上で「武士道精神」と述べるのは筋違いではなかろうか 貴景勝の口上は「武士道精神を重んじ。新大関の誕生。大相撲。貴景勝の大関昇進が決まり。伝達式が行われた。27
日午前10時前に行われた伝達式。口上では四字熟語を使わずに「武士道精神」
「感謝の気持ちと思いやり」と述べた貴景勝。決意をしっかり貴景勝。大関昇進伝達式で口上を述べる貴景勝。右は千賀ノ大阪市内で行われた昇進
伝達式では「武士道」を入れた口上で決意を示した。 本場所とは相撲協会。
三本締め白鵬処分はコンプラ委員会に委ねる 横綱は謝罪 年

大関?貴景勝「武士道精神を重んじ精進」。大関昇進の伝達式で口上を述べる貴景勝中央。区のホテルで伝達式に臨ん
だ貴景勝は「大関の名に恥じぬよう。武士道精神を重んじ。感謝の気持ちと
思いやりを忘れず相撲道に精進してまいります」と口上を述べた。大関貴景勝誕生。大関昇進の伝達を受けた貴景勝。両隣は千賀ノ浦親方夫妻=27日午前。大阪市
内のホテル里を使者として大阪市内のホテルに派遣し。昇進を伝達した。
伝達式で貴景勝は「大関の名に恥じぬよう。武士道精神を重んじ。感謝の気持ち
と思いやりを忘れず。相撲道に精進してまいります」と口上を述べた。 貴
景勝は小結だった昨年九州場所で13勝2敗の好成績を収め。初優勝。

「若の里」のニュース一覧:。カバーストーリー私の履歴書文化往来美の十選アートレビュー読書囲碁?将棋
エッセー伊集院静「ミチクサ先生」荻原浩「ワンダーランド急行」ライフ
相撲協会は出羽海理事元幕内小城ノ花と審判部の西岩親方元関脇若の里
を大阪市内のホテルに派遣し。昇進を伝達。貴景勝は「大関の名に恥じぬよう。
武士道精神を重んじ。感謝の気持ちと思い 大関昇進の伝達式で口上を述べた貴
景勝左=貴景勝が口上「武士道精神を重んじ」大関昇進。大関貴景勝=千賀ノ浦の誕生だ。日本相撲協会は日。夏場所月日
初日。東京?両国国技館の番付編成会議と臨時理事会を開き。貴景勝の大関
昇進を満場一致で承認した。大阪市内のホテルで行われた伝達式で

正代の大関決定。日本相撲協会は30日。両国国技館で大相撲11月場所の番付編成会議と臨時
理事会を開き。関脇正代28=正代は同日。東京都墨田区の時津風部屋で
昇進伝達式に臨み「大関の名に恥じぬよう。至誠一貫の精神で相撲道にまい進し
て参ります」と口上を述べた。貴景勝「謹んでお受けいたします。大関の名に
恥じぬよう。武士道精神を重んじ。感謝の気持ちと思いやりを忘れず。相撲道に
精進してまいります」日本で最も歴史のある舞踊コンクール

大名のお抱え力士は武士待遇なので別に間違ってはいないのでわ別に「力士が武士階級出身者である」とは貴景勝は言っていないでしょう。彼がいいたいのは「武士のような勇敢さと高潔さをもって相撲に取り組みます」ってことじゃないでしょうか。要するに彼の意気込みを「武士道」という言葉で表現しただけですから、武士道が何であるかとか、力士が武士であるかとかは深く考えていないし、その必要もないと思いますよ。まだ若いから、かっこいい言葉を入れたがるんですよ。ルーツとか語義とかよくわからなくても。逆に栃ノ心くらい山あり谷ありで昇進が遅くなるといろいろの苦労を経験しているから師匠への感謝の意とかを込めたがる。人生経験の差が出て面白いところです。やや青臭さもありますけど、若者らしいといえばらしいし、別に全く意味不明な言葉を選んだわけではないので、あれはあれでいいんじゃないでしょうか。ホンマに理解してる力士の方が少ないやろ。強くなる事のみが善の世界に於いて、そんなこたぁどーでもええ。元大関出島は、口上で「力の武士もののふ」と述べましたが…口上とか首相演説というのは自分で書くものではありません。親方が書いたのかな。江戸時代に「士農工商」という身分制度があったというのは俗説で、30年ほどまえから教科書でも削除されました。なお、武士道精神という用語が使われるようになったのも明治以後のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です