消費税法改正 消費税が10%になりますよね 困りませんか

消費税法改正 消費税が10%になりますよね 困りませんか。法人税増税はダメ。消費税が10%になりますよね

困りませんか

低所得者層もそうだし、格差社会は無限大に広がる気がします ?消費税10%導入について?。今回は。10月に入り増税始まりましたので。消費税事情について見てみようと
思います。 早速。増税がこの軽減税率によって。消費税10%導入以降も。
一部の品目は8%のままになりました。軽減税率の対象は。酒類。外食。
テイクアウト?宅配などありますが。まだまだ慣れなくて困惑しますよね…
もし。不動産売買の価格でお困りの方は。とても頼りになる当事務所の弁護士に
ぜひご相談ください!! ??という気になりませんか?笑消費税改正まであとわずか。いよいよ消費税が%になるね。経理部は色々と大変なんじゃないか? ウチは
税務通信を読んでだいぶ前から準備してたから大丈夫

目前に迫る「消費税増税と軽減税率」。から。いよいよ消費税が%に引き上げになります。%に始まり
%。%と。これまで何度か経験してきた消費税率の軽減税率制度は。飲食料
品の小売業のみに関係することのように解釈されている方もいらっしゃるかも
知れませんが。実はあらゆるを引いた金額を納税するという計算自体は変わら
ない訳ですから。増税後の業務そのものにはあまり影響がないということです
よね。免税事業者は消費税を請求していい。今後。増税したら。お店側は消費税を多く支払うように感じられるかもしれませ
んね。でも。実際消費税を多く支払っているのはお客さんであり。お店は
あくまでも通過点ということですよね。課税事業者が納める消費税を計算する
仕組みについて。教えていただけますか?具体的には。どの商品が消費税%
なのか。軽減税率の対象で%なのか。明記することになります。

消費税法改正。%→%→% システムは。 年月に消費税法改正に完全対応! 貴社
の消費税法改正への対応は。 会員事務所にお任せただし。全ての飲食料品
が軽減税率の対象となるわけでなく。酒類や外食はその対象外となります。対象
品目の税率を正しく判断するためには。酒類の定義や外食の定義を把握しなけれ
ばなりません。判断に困りそうな場面」や「よく質問されそうな内容」を事前
に考え。ルールを決めて。マニュアル化する。会計ソフトを使用してませんか
?消費税10%になぜ増税となった。増税負担がきびしくなりますが。なぜ消費税は増税になったのでしょうか?
どの商品やサービスが消費税%か%なのかは。慣れるまで消費者はかなり
戸惑うことになると思われます。品目ごとに税率と税額を帳簿などに明記して
。消費税をいくら納付すべきかを明らかにしなければなりません。

サクサク消費税2。8%と%の商品との線引きがわかりにくい「軽減税率」についてわかりやすく
解説します。月からの消費税率引き上げについて。気になる点をわかり
やすく解説する「サクサク消費税Q&A」。2回目は。「軽減税率って軽減
税率が適用されると。商品によっては税率が%に上がらず。今と同じ8%の
ままになるんですよね?例えば「生きた牛」を畜産農家が売る時には。その
時点では食べ物として販売されていないので。軽減税率の対象になりません。連載21/消費者に納税義務がない消費税。人気に多少の陰りが見えてきた安倍総理が再三の増税延期を行うのではないか
という「希望的観測」もありますが。リーマンショックや東日本大震災のような
大事件でも起きない限り起きては困りますが。まずあり得ないでしょう。
これだけの説明ではピンときませんよね。つまり仕入先には円の消費税分を
支払っていることになります。事業者には消費税の納税義務があると定めてい
ますが。消費者は負担しなければならないとは書いていません。

建売住宅に消費税は課税される。建売住宅に消費税が課税されるか気になっていませんか。支払総額が大きく
変わるので心配になりますよね。土地と消費税%と消費税%で,万円
土地,万円。建物,万円の建売住宅を購入した場合の影響を
シミュレーションします。お困りの方のために。頭金の必要性と目安。貯め方
を解説します。

法人税増税はダメ。そんなことしたら大企業が日本から出て行ってしまう。そうなれば中小企業も困るし、国民も困る。資産課税なんてダメ。そんなことしたら富裕層は海外に資産を移転してしまう。そうなれば消費も税収も減るぞ。富裕層から金を取ればいいなんて考える人もいるが、例えば、現在でさえ累進課税で高所得者の所得税率は低所得者より高いし、年金も所得代替率は低所得者の方が高所得者よりも高い。普段は感じていない人が多いだろうが、高所得者が低所得者をカバーしているのだ。消費増税を行えば、景気の後退はかなりの確度で起こるとみていいだろう。消費税収は伸びても、所得税収や法人税収は減少し、全体の税収も伸びない可能性もある。逆にいえば、今の好調な税収を維持した方が得策であり、その意味で消費増税は不要である。税収を増やすには景気を良くするしかない。小手先の施策など通用しない。どうしても消費税を10%にするなら、2019年10月から10%への消費増税を行い、同時に全品目を8%の軽減税率の対象にするべきだ。ちなみに財務官僚は、たとえ全体の税収が減ろうが、消費増税を唱える者が出世できる傾向にあるという話がある。そういう傾向こそ改善すべきだ。●参院選で自民「40台」衝撃予測! 消費増税で国民の不満が蓄積…残る手は全品目の軽減税率だ 高橋洋一 日本の解き方 2019.7.4 参院選は4日に公示、21日投開票される。年金問題や消費増税問題などの争点が、有権者の投票行動にどう影響するか。自民党は10月からの消費増税を決めたので、選挙では逆風も強まるだろう。マスコミは「年金問題が自民党にとって逆風要因」と書く。しかし、年金で老後の全てを面倒見ることは不可能だと国民は知っている。年金問題をあおっているのは、軽減税率をほしがり、消費増税を目立たなくしたい一部マスコミのように思える。ともあれ、マスコミが書かなくても、国民には消費増税の不満がたまってくる。実際、政府が正式に消費増税を決めた6月21日の閣議の少し前から、テレビで軽減税率を見込んだCMが出始めた。今後は、10月から消費増税だからと、その前に買ったほうがいいというCMも出るはずだ。そうなると、国民の怒りがジワリと出てくるだろう。すでにその萌芽は出ていて、6月21~23日にNHKが実施した世論調査までは、内閣支持率は前回調査より6ポイント減少し42%、自民党の支持率は5.1ポイント低下し31.6%になった。これには驚いた。政界には、「青木方程式」というものがある。自民党の青木幹雄元参院議員会長の持論で「内閣支持率と政党支持率の合計が50%を切ったら、政権は終わり」というものだ。内閣支持率と政党支持率は、過去の国政選挙の自民党の議席獲得率ともかなり密接な関係があるので、それを活用して、選挙予測ができる。前月の調査結果から、予測される自民党議席数は「53」程度だったが、「48」程度まで落ち込んだ。その後、支持率は少し持ち直したが、消費増税問題が露出すると、獲得議席が落ち込む可能性も否定できない。参院選の勝敗ラインについて、菅義偉官房長官は、自公両党で非改選を含む全体の過半数の確保といい、二階俊博幹事長は、改選過半数の確保という。改選124議席の過半数なら63、非改選を含む全体の過半数なら123。自公の改選議席は77のため、菅官房長官のラインは25議席減でもいい。もっとも、二階幹事長のラインは14議席減で、これだと危ない。菅官房長官が勝敗ラインを明確にしたのは危機感の表れだろう。20カ国?地域G20首脳会合で安倍晋三首相のテレビ露出はかなり大きいものだった。ただし、投開票日の7月21日で、消費増税の露出が大きくなる中で、どこまで自民党は持ち堪えられるか。世界の著名エコノミストがこぞって批判する消費増税である。今からでも、対応可能な手はある。財務省は消費増税、公明党は軽減税率の導入を唱えている。この両者の意見を満たしながら、景気への悪影響を防ぐには、10月から10%への消費増税を行い、同時に全品目を8%の軽減税率の対象にするのだ。これであれば、軽減税率への対応努力も無駄にならないし、基本税率も10%に引き上げられたので増税派も満足だろう。実際の税負担は今と同じなので景気悪化にもならない。元内閣参事官?嘉悦大教授、高橋洋一●過去最高の税収も“お先真っ暗” 著名エコノミストが批判する「消費増税」で景気は崖から転落 高橋洋一 日本の解き方 2019.7.3 国の2018年度の一般会計税収は約60兆4000億円と、バブル末期の1990年度約60兆1000億円を3000億円程度上回って、28年ぶりに過去最高となったと報じられている。18年度税収については、例年7月はじめに財務省より公表されるが、報道は6月下旬にあった。これは、形式的にはマスコミの取材で明らかになったとされているが、実質的には財務省からのリークであろう。18年度の税収が好調であることについて、財務省は少し前から分かっていただろう。4月末の税収について、18年度補正後予算額に対する進捗率が87.4%と順調だったからだ。5月さえ例年どおりであれば、60兆円を超えるのは確実だった。なぜ、事前に報道されたかといえば、国内の経済記事があまりない中で、財務省による話題作りの一面もあったのではないか。消費増税に賛成のメディアに財務省からの恩返しの意味もあるのだろうか。いずれにしても、財務省出身の筆者には、「財研」財務省の記者クラブにいるマスコミは、財務省からのネタをほしがる「ポチ」のような存在に見える。今後もこの高税収が続くかというと、消費増税によって景気の腰折れがあれば、元の木阿弥になってしまう。いくら景気対策をやるとはいえ、恒久的なものでない以上、対策が終われば景気は断崖絶壁から落ちるだろう。経済政策論から見れば、消費増税をやらずにこの調子を継続させればいいものを、なんともったいないことをしているのか。消費増税するとどうなるかは、世界の著名エコノミストがそろって警告している。ポール?クルーグマンニューヨーク州立大、経済学者、ローレンス?サマーズ元米財務長官、オリヴィエ?ブランシャール元IMFチーフエコノミスト、アデア?ターナー英金融サービス機構元長官の各氏の警告はネットでも簡単に探すことができる。ここに掲げたエコノミストは、財務省が財政審資料において「MMT現代貨幣理論に批判的」と取り上げた人たちだが、消費増税にも批判的であるとは言及されていないというご都合主義だ。なお、ノーベル賞経済学者であるジョセフ?スティグリッツ氏やクリストファー?シムズ氏も批判的である。これらの著名エコノミストが口をそろえて批判的なのだから、消費増税を行えば、景気の後退はかなりの確度で起こるとみていいだろう。消費税収は伸びても、所得税収や法人税収は減少し、全体の税収も伸びない可能性もある。逆にいえば、今の好調な税収を維持した方が得策であり、その意味で消費増税は不要である。税は各国の主権であるので批判されることはなかったはずだが、20カ国?地域G20首脳会合で集まった首脳らも、日本は奇妙な政策を行うと不思議がったのではないだろうか。元内閣参事官?嘉悦大教授、高橋洋一そんな変わらんやろ。貧乏人は消費税がなくなったからと言って、バンバン消費するわけでもないだろうし、逆に金持ちは消費税なんかお構いなしに高い買い物をするだろう。現に、消費税収は安定して上がっている。日本の所得税の累進性は高く、金持ち程多く税金を払っている。もう既に、貧乏に対して大盤振る舞いしてんだよね、実は。文句ばっか言ってる連中は、その自覚がなさすぎるんだよ。公務員と大企業の社員は困りません勝ち組万歳困る人がほんとにいると思っているの? 世の中15%以上が普通だよ。所得税の免除だって日本ほど低所得者に優しい国は無いよ。イギリスで何故 日本経済が安定しているかと言う番組を見た。理由は色々あげられていたが 結局 文化的に格差を嫌う風土と仕組みだと言いきっていた。例として取り上げられていたのは トヨタ トヨタの社長の給料は3億円。世界の標準では30億でも少ないと思う 世界は驚いている。しかし トヨタの新入社員の給料は イギリスの新入社員より少ないと言う訳でもない。社長と新入社員の給料の差がこんなに少ない国は世界自由探しても一つも無い。消費税の税収がすべて医療福祉に回れば、誰も文句は言わないだろう。無駄な散財はしなくなるだろう。底の生きるか死ぬかのライン以上の生活が保障されれば国民の不満はなくなるわ。消費税10%と同時に以下のことをじっこうすればいい。内部留保している大企業への法人税上げる。国家公務員?地方公務員の給料下げる。国立大学の民営化。全国の大学の授業料の一律化電力事業の規制緩和。送電網の国営化。省庁直営の協会の独立採算制へ何で困るわけ?増税分で社会福祉が充実すればその方がよっぽど暮らしやすくなるだろ。EC諸国なんて軒並み倍の20%以上だけど誰も困ってないから笑低所得や格差は税率とは無関係。低所得なのはその人がろくに努力もせずに生きてきた結果であって自業自得。人並みに努力すればそれなりの大学にも進学できるしそれなりの企業にも就職できる。低所得になどなることはない。今のところは10%ですが、そのうち12%、次に15%と、どんどん上がっていきます。税金の無駄使いをやめないと、いくらあっても足りません。困りませんし、金持ちも貧乏人も一律に10%です格差はありません現在の消費税が8%たかだか2%上がったくらいで普通の人の消費生活にそれほど影響はないですよ低減税率もありますしね住宅とか高級車とか大きな買い物であれば2%も痛いですけどねえ?みんな同じという方が狂ってます。違う能力?違う成果?違う貢献で格差があるのは当然ですので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です