看取り対応の特養は約8割 看取りについてです特養で管理者

看取り対応の特養は約8割 看取りについてです特養で管理者。まず、看取りをすると最期まで看ることへの不安やストレスが現場スタッフで増えそうな気がしています。看取りについてです
特養で管理者をしている者です

看護職員が増えたため、看取り介護加算を算定し、看取りができればと考えています しかし、看取りをすると最期まで看ることへの不安やストレスが現場スタッフで増えそうな気がしています

できるところまでは施設で看させていただき、危険な状態となったら病院に搬送するのはだめなのでしょうか
看取りをすると説明しておきながら施設の都合で病院に搬送していいのか教えて頂けると助かります

※家族様が看取りの意思を変更すれば病院搬送可能ということは理解しています 看取り対応の特養は約8割。看取りに対応している特養は約割を占め。年月に亡くなった特養入所者
のうち。施設内で最期を迎えた人は約割*。病院?診療徐々に弱って
いく姿を見ながらケアをすることは。介護職にとって精神的負担がかかるもの
です。

「看取り介護」を考えるー幸せな最期を送るためには。これは介護の仕事をしているとどうしても直面するテーマです。人には必ず死
みなさんはどのような人生の最期を迎えたいですか?」というそこで。特別
養護老人ホームなどの施設では多く看取り介護を行っています。介護職員の看取りに対する認識と認識に影響。名のうち,老健,特別養護老人ホーム以下,特養,考えについて。「
看取りをしていること,していないこ管理者の方針 「基本的に施設は看取り
をしないということです」 無 「看取りはしていないのですが,看取りをしたい
と専門家が回答老人ホームの終末期。慣れ親しんだ施設で。ご家族やスタッフなどの見送りにより最期のときを迎えて
いただくケアです。平成年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る
調査平成年度査」によると。特別養護老人ホームの%。老人保健施設
の%。介護療養型医療施設の%が「終末期に入った入居者に対して
看取りを行っている」と回答しています。もう長くないかもしれない」何人
もの患者を看取ってきたベテラン看護師は感覚的に死を察知するようです。

まず、看取りをすると最期まで看ることへの不安やストレスが現場スタッフで増えそうな気がしています。これね、全員にこの覚悟がないと看取り介護なんてやっちゃいけませんよ。で、そもそも看取り介護とは、治療しても回復の見込みがない終末期に延命措置を希望しない場合の介護ですよね。なので普段から「看取り」と言わずに「看取り介護」と言う方がいいですよ。「看取り」で区切ると考え方を間違えてしまいます。看取り介護とは、終末期に延命処置をしない場合の施設で出来る介護、であって、何がなんでも病院には行かない方針、ではありません。「看取り」で区切ると、介護ではなく方針、と錯覚してしまいますよ。補足を読むと、今でも少し勘違いしてるように見受けられます。「看取り介護」と「尊厳死」は別です。なので、いくら看取り介護の希望であっても、病院行きゃ良くなるような症状の場合は、行って治療なり処置をしなくちゃいけない。分かりやすい例を言えば、看取り介護とはいえ骨折したら行くでしょ普通。それでも行かないのは看取りではなく見殺しです。他にウチでは、腸閉塞のときはすぐに病院行きました。症状が治まると退院してきました。ただ、行っても無駄な場合は行っちゃダメ。無駄というのは、病院行っても延命以外にやることがない場合です。あなたの言う「危険な状態」というのが「死ぬ直前」という意味なら、病院行っても無駄。「何しに来たの?死にに来たの?」と怒られますよ。そういう症状のときは、覚悟を持って看取らなければなりません。それが看取り介護。だから、看取りをすると説明しておきながら???というのは、説明の時点で上記のようなことを言っておかなければいけません。「行きゃ良くなるときは行きますよ、行っても無駄な場合の介護の話ですよ」と。看取りをするのであれば、介護職員への看取りの理解は必要です。看護師は、看取りについて特に問題ありませんが、夜勤などは介護士さんですよね?きちんと勉強会して準備が必要ですよ。家族が看取りを望み、看取り加算を取っておいて、施設の都合で病院搬送なんて、あり得ないと思います。特養で働いたことがありますので、看取りの経験はしていますが…嘱託医との連携も必要ですし、しっかり準備をしてから始めてください。やはり…介護士さんによっては、ショックを受ける方も多いです。自然な形で看取る…ことは、介護の仕事で重要な所ですので、そうしながらも成長されます。ので、ぜひ、しっかり準備して始めてもらいたいですが、家族は看取りを望んでいて、施設もそれを了承しておいて、いざとなったら、施設都合で病院搬送を行うなんて…むしろ、スタッフの不信感がつのるんじゃないですかね…看とりについて勉強すべきです。死ぬことは敗北ではなく、悪いことでも怖いことでもありません。私が以前勤めていた老人ホームでは入居者が亡くなると、職員が「力になれず申し訳ありません。」と謝っていたのを見てビックリしました。看護師が中心となって勉強会や、看とりが近い人に対するカンファレンス、亡くなった後に振り返りを続けて、意識改革に取り組みました。結果、家族が集まる居室は亡くなる直前にも関わらず明るい雰囲気となりました。一人一人の死に様は学ぶことが多く、最後の挨拶では「人生お疲れ様でした。」「お世話になりました。」「ありがとう。」という職員に家族が「お世話になったのはこちらです。」と言っていました。ちゃんと教育して経験をつめば、介護士としてすごく成長できるチャンスを救急搬送なんかして逃すのは勿体ないです。そもそも救急搬送は救命救急をするためにあるので、看とりに呼ぶべきではありません。まずはあなたがしっかり勉強してください。介護現場は、生活の場でしたが、本来家族がするべきお見送りをすることは、時代の流れでしょうか。看取り加算の算定はさておき、痰の吸引などを含め、見回り?夜間のラウンドに従事する職員の方々は大変だと思います。看取りの方針とは別に、顧問医?嘱託医の先生に、救急搬送を要する場合についての指示を頂いておいて、その状態になったら救急搬送をする旨をご家族から承諾をえておけば良いと思います。見守るしか手を尽くせない状況なのかどうかは、医療職にしか判断つかないと思うので、、、昔の経験しかなく、現在の状況下にあっているかは自信ありません。担当の看護師から病院に問い合わせをして、夜間搬送の指示を出してもらい、そのまま入院にして貰うことが多かった記憶があります。看取りの施設で出来る限り看て、危険な状態で病院へ送る??病院は患者を生かそうとする場所ですので、あらゆる方法で治療し、延命する事になると思います。病院へ搬送する時点で、看取りほしません、病院で老衰している患者の命を助けてあげて下さい。と言ってる様なものだと思います。例えば施設利用者が嘔吐し腸閉塞になった、高熱、呼吸困難など、急変した場合は救急搬送するべきだと思います。しかし、老衰で徐々に食事出来ない、水分が飲めない状態になり、自然に枯れる様に亡くなる場合は、家族に連絡し、施設で亡くなるまで置くべきだと思います。不安な時は、嘱託医に相談して下さい。看取士という資格もある様です。看取りの対応するための資格ですね。参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です