童謡?唱歌 童謡に?待ちぼうけ?という曲がありますがネッ

童謡?唱歌 童謡に?待ちぼうけ?という曲がありますがネッ。ミソソソミソソソラソソラソソミソラミソミソソミソソソラシドレソドソミレラララドミレミ整理するとレミソラシドレ最後がミだが、これ主音で終止してないのでは。童謡に?待ちぼうけ?という曲がありますが、ネットに楽典分析として音階が五音階と書かれていました たしかに聞いた感じは五音階ですが、実際は五音階じゃないように思います どう考えたら五音階になるのでしょうかなっとく童謡?唱歌。童謡,唱歌,事典,池田小百合赤とんぼ あわて床屋 この道 砂山 ペチカ まち
ぼうけ五年生の音楽』文部省昭和二十二年発行では。タイトルは「
赤とんぼ」で。四分の三拍子。変ホ長調に移調してあります。この短い旋律を
もとに。三宅榛名が「<赤とんぼ>変奏曲」というみごとなピアノ曲を作曲し
ています『こどものためのピアノ曲集―日本この道」を利用する場合は。
インターネット検索「池田小百合なっとく童謡?唱歌」事典よりと出典を明らか
にしてください。

山田耕搾の歌曲に関する考察。する歌曲童謡を書いた作曲家という程度のものでしかなかった。山田耕筰
童謡曲集」には藤森秀夫。三木露風。北原白秋。西ペチカ」「待ちぼうけ」は
勿論子供が歌うことができる前提に立って書かれうさぎまちまち き のー
ねっと童謡?唱歌。待ちぼうけ 待ちぼうけある日せっせと 野良かせぎそこへ兎が とんで出てころり
転げた 木の根っこ 待ちぼうけ 待ちぼうけしめたこれから 寝て待とか待てばえ
ものは かけてくる兎ぶつかれ 木の根っこ 待ちぼうけ 待ちぼうけ

ミソソソミソソソラソソラソソミソラミソミソソミソソソラシドレソドソミレラララドミレミ整理するとレミソラシドレ最後がミだが、これ主音で終止してないのでは?調は不明だと思う。五音音階だというのはこれか?シはラシドと上昇するところで1回しか使われないので、ララドレソ でも ラドドレソ でも 違和感なく収まるし例外として、五音音階としているのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です