聖教新聞:信仰体験 まったく落ち度もなく真面目に創価学会

聖教新聞:信仰体験 まったく落ち度もなく真面目に創価学会。匿名IDのネット投稿の文などで傷つくようだったら、ご自分の理念がないんじゃないですか。まったく落ち度もなく、真面目に創価学会を信仰されている人が、このカテによって深く心を傷ついて、悲しんでいるのは事実です

みなさんで知恵袋の閉鎖を総務省などに勧告しませんか 。これは実証といって信仰を続けさせる意欲を起こさせる。貫方にもこういう事が
起こり仏教と言っているけれども。フランス仏教協会からは全く公認されてい
ない。しかし5年間。カトリーヌはまじめな信者だったが。何の成果もなかっ
た。創価学会がなくてもうまく行くんだし。却って。ない方がうまく行く。内側から見る創価学会と公明党。〈最近思うことは。「切実な本」こそが売れているという事です。「真面目な本
」と言ってもいいかもしれません。著者が書くしかなかった。自らの底と
向き合い。編集者

信心の目的「学会永遠の五指針」について。創価学会には。第二代会長の戸田城聖先生と第三代会長の池田大作先生現?
名誉会長。SGI会長が示した「永遠の五指針」があります。 <学会永遠の五
指針> 1。 一家和楽の信心2。 幸福をつかむ信心3。 難を乗り越える信心4。創価学会はなぜ社会から嫌われるのか。家に地域の創価学会の会員が幾人も押しかけてきて。延々と折伏が続くような
こともあった。 それは。家庭だけではなく。ほかの宗教や宗派の宗教施設にも及
んだ。キリスト教の教会に学会員が聖教新聞:信仰体験。中学を卒業してすぐに町工場で働いた。 その後。萩原竹男さん=茨城県
土浦市。副圏長=は。さまざまな業種に転職し。“モーレツ社員”として駆け抜けた
。 そんな“昭和の男”が生きる。定年後とは――。記事=掛川

2020年――創価学会の記念の年に露呈した最強教団の構造的危機。『週刊ダイヤモンド』月日号の第一特集は「創価学会 年目の大危機」です
。昨年月日。会員世帯数万公称を誇る巨大宗教団体。創価学会が
創立周年の節目を迎えました。ですが。“勝利”への道は決して平

匿名IDのネット投稿の文などで傷つくようだったら、ご自分の理念がないんじゃないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です