離婚協議中の妻 不貞慰謝料示談が決まってから別件として相

離婚協議中の妻 不貞慰謝料示談が決まってから別件として相。合意書というのは、示談書のことですか。不貞慰謝料示談が決まってから別件として相手方(元奥さん)から追加の慰謝料請求がきました 不貞慰謝料請求をされお互い弁護士を付けて300→100万で示談成立しました 示談書が手元に届いた一週間後、元奥さんから司法書士との連名で自宅に内容証明が届きました 内容は 爆サイへの誹謗中傷、ストーカー行為で警察に言う 言われたくなければ慰謝料50万払え 手書きの謝罪文を差し入れろ、そうすれば慰謝料は考えなくもない と、省略してありますが要約すると書かれていました 正直いって今回の件はドロ沼でした お互いが爆サイに誹謗中傷の書き込みをしました 不倫も最初は 独身だと偽られ私が相手男性を貞操権侵害で訴えるべく相手奥さんとの仲や婚姻状況を調査していました それをストーカーと言われています その最中慰謝料請求がきました そして泥試合(当事者にしか分からないこと、〇〇は不倫などをお互い書き込まれました) 正直お互い様だと思い私は慰謝料を払う決意をしてから忘れようと合意書が出来てからは書き込み等はやめましたし何もしていません 示談書の中には インターネットやSNSには今後一切お互いに書き込まない 合理的な理由がない限り一方、および他方の親族友人に接触しない この不貞慰謝料をもって、全ての紛争が解決したものとし、お互いに損害賠償の債務債権は無いものと確認する など誓約しています にもかかわらず、今回司法書士と連名で、別件として慰謝料請求をしてきました 私は払わなければならないのですか 司法書士との内容証明が届いてすぐ、私は恐怖で手書きの謝罪文を送りました 一週間後の昨日、相手本人から返事があり、 手紙読みました しかしあなたの言葉信じることは出来ず許し難いです 慰謝料も少額にしましたし私は〇〇県警本部に何回も相談に行き、私が届けを出せばうごいてくれるそうです 脅すつもりじゃないけど少なくても慰謝料を払ってください あなたのためにも早い方がいいと思います とパソコン打ち 自宅への郵送は家族不審に思われるからショートメールかLINEをしましょうと電話番号が書かれていました 私はもう怖くてLINEで再度謝罪文を送りました でももう怖くてLINEでやり取りなど精神的に出来ません 私は私の払える借入できる最大限の慰謝料を払いました それが誠意だと思いました 謝罪文も手書きで送りました やっと終わったと思ったのにまだ何かした方がいいのでしょうか… どこに相談すればいいのでしょうか… 助けてください不倫相手の奥さんからメールで示談金の請求をされました。しかも離婚が決まっていないにも関わらず。離婚が決まる前提で示談を急いで
いるところも謎なのです。不貞行為をしたのは事実ですし。慰謝料を請求する
権利は不倫相手の奥さんにありますし。支払い義務は貴女にあります。裁判所
からの命令を無視したとしても。強制執行される可能性も高いとは言えませんし
。無資力者からは何も取れない奥様がその浮気が原因で夫婦間がうまく行か
なくなったから離婚して慰謝料請求すると言えば当然慰謝料を払う義務は
あります。

慰謝料請求徹底解剖ガイド。請求もできるのです。 これらの場合は。結論として離婚を選んでも選ばなくて
も。損害賠償請求はできます。もしこれを破った場合は。不貞行為となり。
被害者となる配偶者に対して慰謝料を支払わなければいけません。信じていた
具体的には。不倫の示談書を作成するときに。求償権を行使しないという特約を
入れるということになります。不倫相手としてしかし。過去の判例の蓄積で
だいたい相場が決まっており。万円から万円程度となっています。相場の
中で具体不倫慰謝料請求された時に拒否するための5つの方法示談書雛形付。相手の奥さんからの慰謝料請求についても。電話や手紙という場合もあれば。
内容証明郵便という場合もあるでしょう。今回は。不倫をして慰謝料請求された
場合の対処法について書いていきます。しかし。不倫をしたのが事実であれば
。原則として慰謝料を支払う義務があります。ただ。これはあくまでも相場で
あり。不倫慰謝料の金額に決まりがあるわけではありません。

第1回「浮気?不倫の慰謝料の相場は。浮気?不倫の慰謝料講座」第1回では,浮気?不倫の不貞行為から生じる慰謝料
の裁判上の相場に関するポイントをご説明します。夫妻や浮気相手に慰謝
料を請求することは,不法行為に基づく損害賠償請求として法律で認められてい
ますが,実は慰謝料の金額を考慮して金額が決まることが多く,離婚が決まっ
ていなくても,離婚した場合と同様の慰謝料で和解に至るケースもよくあります
。離婚協議中の妻。不倫関係を知ってから年以内に提訴しておけば。不貞慰謝料としてすんなり認め
られていた事案であると思われるのです。 不倫相手への離婚慰謝料。認められる
余地 なお。最高裁も「離婚慰謝料は不倫相手が不当

不倫の慰謝料を請求されたとき。また。たとえ相手が既婚者である事実を知っていたとしても。本人から既に別居
中であって。離婚することが決まっていると相手から騙されて性的関係を持った
ようときは。相手に対する慰謝料請求が認められる可能性もあります。保存版奥さんから慰謝料請求された時に知っておくべき全知識。私が弁護士として最初にお伝えしたいのが。不倫相手の奥さんから慰謝料請求
された場合。絶対に無視してはダメだということです。なぜなら。不倫の慰謝
料を支払わなければならないのは「違法な不倫」に該当する場合であり。さらに
慰謝料には相場が決まっているからです不倫相手の奥さんから慰謝料を請求
され。慰謝料請求の示談書を提示された場合。すぐにサインすることは

離婚慰謝料の基礎知識。離婚した際に相手から受け取るお金として慰謝料と養育費がありますが。双方の
明確な違いをご存知でしょうか。また。配偶者の不貞が原因で離婚に至った
場合。訴訟を起こしてその浮気相手にも慰謝料を請求できるケースがあります。
慰謝料の金額は夫婦間の話し合いによって決まるケースが大半で。相場に沿っ
た一定額というわけではありません。裁判をしても最終的に判決まで行く事例
は少なく和解示談で終わることもありますし。判決になればどうなる

合意書というのは、示談書のことですか?>合意書が出来てからは書き込み等はやめましたし何もしていません。ということであれば、>この不貞慰謝料をもって、全ての紛争が解決したものとし、お互いに損害賠償の債務債権は無いものと確認するの合意内容で全ての紛争が解決したものとされました。お互いに損害賠償の債務債権は無いものと確認されましたので、新たに生じた別件なる事案は存在せず、不当な要求と考えられます。専門家である弁護士に依頼しましょう。勝てる裁判なら弁護士費用も請求で問題なし。完全なる脅しですね。?そもそも独身と偽れれていたのであれば 慰謝料義務は発生しません?民事不介入なので本件で警察は動きません。?不当な金銭を要求することは恐喝罪にあたります。完全に脱ぎ去りたいのであれば弁護士に依頼するのが一番ですがお金が掛かりますからね、、、まずは、された事実を詳細に記録しておくことですね。独身だと偽られたんでしょ。裁判にした方が相手の名前も公開できてよいと思う。示談なんかするべきではない。言われたくないのは相手方よ。弁護士にもう一度相談し、訴訟に持ち込んだ方がむしろ安心。怖がってはいけない。公表されたら、一部始終を暴露すればいいと思いますね。主様の心中御察し致します詳しい経緯や状況、詳細が記載されて無い為に文面を拝見した上での解釈、憶測、判断の解答になる事を御理解下さい示談成立されて支払も完了してる訳ですよね?インターネットやSNSには今後一切お互いに書き込まないこの不貞慰謝料をもって全ての紛争が解決したものとし、お互いに損害賠償の債務債権は無いものと確認する爆サイへの誹謗中傷、ストーカー行為で警察に言う、言われたくなければ慰謝料50万払え手書きの謝罪文を差し入れろ、そうすれば慰謝料は考えなくもない詳しく記載されてないので、仮定での事になりますが「全ての紛争に対する賠償要求の件は解決済書込や不貞そのもの含」訳ですから当然「拒否」をされるのが当然かと考えます^ω^ 「ストーカー行為」が少々どういう意味や意図や経緯なのかが不明ですが「ネットへの書込」に対する部分は示談で解決している解釈になりますので???あくまで内証の段階なので、相手方が主様に請求自体は自由なのですが、支払が完了している時点であたかも意図的に追加で請求が来ているなら持って行き方では恐喝や脅迫での解釈で相手に抗議する事は可能です???相手の司法家司法書士もセコイやり方だなとは思いますが???ω取れるものは取って懲らしめる的な???相手に毅然とした対応をすればいいかとは思いますが、主様の現在の心境では厳しいですよね? 今回の件で主様は司法家に相談はされていないのでしょうか?相談されていれば、再度御相談されてみるのもいいかもしれません???主様の問題が早期に解決出来ます様に???弁護士に相談して内容証明で示談成立により支払い義務はない、謝罪の強要や不当な金品の要求に対し法的措置を行うことと、代理人を経由せず連絡するなどの行為を禁じると通告書を送付。その上で刑事告訴や訴訟などの法的措置を実行どっちもどっちお互い様なら請求を拒否すれば? 相手が法廷に持ち込んだら受けて立つと返事してもいいです。50万くらいなら法廷闘争になったら逆に原告側赤字になります。まず、所轄警察署ではなく県警察本部に行って直接相談して、捜査に着手するという約束を得たという点が胡散臭いです。所轄警察署は、捜査に関して県警察本部の指揮?監督を受けますが、個々の事件の捜査着手の判断は通常所轄警察署に任されています。逆に相手方の脅迫罪が成立する可能性があります。示談して慰謝料を払ったとのことですが、このような示談は通常関連事件すべての決着を意味します。したがって、相手方が再度訴訟提起しても、裁判所は既に決着済みとして扱う可能性が高いです。そこで、逆に相手方に犯罪が成立する可能性も視野に入れて、しばらく落ち着いて成り行きを見守った方が懸命です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です