電子カルテとは 医療関係者です 災害で電子カルテが使用で

電子カルテとは 医療関係者です 災害で電子カルテが使用で。考え方としては、「診療録」であるカルテ自体が医者のメモです。医療関係者です 災害で電子カルテが使用できず3日ほど紙のメモに記録をしており、電子カルテ復旧後に電子カルテへ入力しました 紙のメモのようなものですが、カルテ保存のように5年間保存しな いといけないんでしょうか 電子カルテと紙カルテを徹底比較。会計業務に使われることもありますし。検査結果を書き入れることも簡単です。
まだ全国どこの医療機関でも使用されているというほどではありませんが。現在
徐々に普及率が上がってきており今後も電子カルテとは。電子カルテとは。これまで医師による診療録が記入された紙カルテを。電子
データとして保存したもののことです。 紙カルテとのそのため医師はもちろん
。看護師や検査技師。医療事務など複数の関係者が利用することになるでしょう
。 なお電子カルテは。電子保存の3原則である「保存性」「真正性」「見読性」
を満たす必要があります。 3原則のがかかります。しかし電子カルテであれば
すぐに検索して該当の電子カルテを見つけ。手間をかけずに編集することができ
ます。

考え方としては、「診療録」であるカルテ自体が医者のメモです。機能的なことでいえば、破棄で問題ないと思う。しかし、電子カルテに記録した場合、医師法において、はじめのメモ紙は「診療記録」に値するのではないかと思う。たとえば、レントゲンを撮った。そのデータは電子カルテに入れた。入れたら「診療録」この保存は5年。では元データは破棄して良いのか? これは「診療記録」となり、保存は2年。どうだっていいちゃあいいんだが。しかしながら、電子カルテへの転記が間違っていないとどうやって証明するのか。また、見方を変えれば、メモ紙は「原本」「一次資料」となる。そんなものを捨てて良いのだろうか。そもそも、そのメモは、カルテとして機能していた紙です。会計の帳簿をきちんと記入しても、その数字の元となる領収書や納品書は別途保管しする。保存義務はありませんが、普通は廃棄せず保存します。医療訴訟等があった場合、それを提出した方が有利であれば提出、提出しない方が有利であれば提出しません。後者が圧倒的に多いです。療養担当規則には以下の規定があります。——————診療録の記載 第二十二条 保険医は、患者の診療を行った場合には、遅滞なく、様式第一号又はこれに準ずる様式の診療録に、当該診療に関し必要な事項を記載しなければならない。——————メモはカルテの様式を満たしていません。また「遅滞なく」の期間は明示されていません。本件においては直ちにカルテに記載できなかった正当な理由があるため、診療日と記載日のギャップは災害のためと記載しておけば、メモを処分しても法的には問題ないと考えられます。^^/電子カルテに入力した方がカルテを書く資格がある方なら何も問題ないと思います書き込んだ際のIDです。電子カルテが正本になります。電子カルテに入力したのであれば、保険請求のためのレセプト処理も電子カルテ側で行うことになると思います。その場合、審査する側としては災害の状況下で電子カルテを利用できていたのかが問題となり、正しく請求されているかを審査する可能性もあります。事務手続き的には廃棄でも構わないのですが、後日に監査を受ける可能性があることも考えると、残しておいた方がいいですね。電カル側の記録を正本とするのであれば破棄しても問題ありません^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です