2019年07月28日 日本の野球離れが加速 高校球児が

2019年07月28日 日本の野球離れが加速 高校球児が。野球離れする理由?野球が退屈すぎて面白くない。日本の野球離れが加速 高校球児が過去最大の減少

日本高校野球連盟は3日、今年度(5月末現在)の加盟校数、部員数の調査結果を発表した 硬式の部員数は14万3867人で前年度比9317人減となり、1982年の調査開始以降で最大の減少数 3年連続で過去最大減少数を更新しており、高校生の野球離れの傾向が加速していることが表れた
https://headlines yahoo co jp/hl a=20190703 00000059 mai base

テレビでいくら試合を流しても野球人口が全く上がらない、
それどころか少子化の約8倍という物凄いスピードで
日本の野球人口は減っているそうです
原因は一体何なのでしょうか 日本野球の今そこにある危機。プロ野球。高校野球。野球用具メーカーなど野球界を構成する当事者へライター
の広尾晃が取材し不定期で連載していく。子供の競技人口減にダブルスポーツ
という秘策野球の競技人口の減少について。この連載では書い
てきたが。実は競技人口の減少は野球だけの急激な?野球離れ?で球界が直面
する厳しい未来年は日本野球界にとって節目の年になるだ
ろう。過去週間以内の記事が対象脱?ストレス 不安加速社会への
つの処方箋

?当番でお茶出し?芝刈り。慶應義塾高校野球部の森林貴彦監督は「小学生や中学生が。やるスポーツとして
野球を選ばなくなっている。その減少は少子化よりはやく。このままでは甲子園
大会も続けられなくなる」と警鐘を鳴らす——。第回親子の負担が大き
すぎる少年野球は必ず衰退する加速する小中の野球離れの根本原因第回?
高校野球は坊主頭?という固定観念を変えられなければ日本の未来はない過去
最大の赤字よりマズい?電通が五輪中止より恐れている最悪のシナリオ「少年たちは野球を楽しんでいるか」加速する小中の野球離れ。「文武両道」を掲げる慶應義塾高校野球部を率いる森林貴彦監督の著書『
――慶應義塾高校が目指す”野球として野球を選ばなくなっ
てきており。全体の少子化のペース以上に子どもの野球離れは加速しています。
の。各都道府県で1。2位を狙うような学校で日本一が争われる限りは。
レベルはそう簡単には落ちないでしょう。野球人口の減少。土台の先細り…

高校球児。日本高校野球連盟は日。今年度月末現在の加盟校数。部員数の調査結果を
発表した。人減となり。年の調査開始以降で最大の減少数。年連続で
過去最大減少数を更新しており。高校生の野球離れの傾向が加速。エースが限界を超えて投げ続ける高校野球の光景が変わり始めている。投手の
けがを防ぐ動きを加速させたのは。新潟県高野連による「球数制限」の問題提起
だった。調査を重ね。県内で子どもの人口減少の六倍のペースで球児が減って
いることが判明。富樫さんは「日本高野連に危機感がないことがおかしい。日本の野球離れが加速。子どもの野球離れに危機感。先月には日本高校野球連盟日本高野連の有識者会議が。投手の「球数制限」
を提言することで一致。この流れを加速させたのは。新潟県高野連の問題提起
だった。「トップ選手だけで協議会で情報交換や調査を重ね。県内で子どもの
人口減少の倍のペースで球児が減っていることが判明。「このままでは多くの
学校小中高校の球児に年一度。合同でひじの健診を行い。過去の通院や診断歴
をカルテのように残す「野球手帳」も配布している。 野球離れはまだ

野球離れする理由?野球が退屈すぎて面白くない。選手が動かないのに試合時間がやたらと長い。アメリカでも野球離れ。「野球離れ」が米で深刻化 視聴者の平均年齢53歳 競技人口も減少中。アメリカでは野球は最早、年寄りの暇つぶし。?少年野球ではわざわざ母親にお茶の当番などの様々な用意をさせ子供にはミスをしただで監督の罵詈雑言や殴る蹴る平手打ちなどの暴力も辞さない男尊女卑でパワハラの世界。会社でいったら訴訟されるレベルのブラック企業。?野球部に入れば全員強制的に丸刈りにさせられる。現代社会とかけ離れた軍国主義の名残。?野球が世界的にマイナー。オリンピックや国際大会の盛り上がりを見ても分かる通り日本は日本人が世界と戦うのを見るのが大好き野球にまともに取り組んでる国はごく僅かで、またプロ野球のように国内の日本人同士の井の中の蛙の争いを見せられても憧れを持たれない。これだけ悪条件だらけでは日本の若者が野球以外のスポーツ特に世界的にメジャーなサッカーやバスケやテニスなどに流れるのは必定かと。ノロノロして見てもやってもおもしろくないからだろうな。アメリカでも野球場は観客ガラガラで人気ない。偏見かもしれないが野球関係者の特権階級意識が強すぎる。このまま勘違いが続けばどんどん野球人口は減っていく。ただ、マスコミの注目度は間違いなくナンバーワンだし、日本で一番稼げるスポーツだから運動エリートは野球を選択する。気がつけば底辺がスカスカで一気に衰退するかもね。原因は色々あるでしょう。まず他競技に比べてルールがややこしい。タッチアップ?何それ?気軽にできる場所が少ない昔に比べて。現代では器物破損があるとカミナリさんではなく、すぐに警察官がきます。金と時間。これも大きい。家計的に中の下辺りの親からすれば頼むから野球だけはやめてほしい。ただどっちかといえば時間を取られる方が痛い。ガチすぎる。外野プレーヤーではなくその関係者およびファンの意の野球≒戦争みたいなニュアンスが強い。殺し合いというわけではないが、勝たなければいけない感が他の競技に比べて重い。丸坊主も然り。老害がうるさい個人的にはこれが一番かなと。田舎の学童野球の現場では未だに罵詈雑言のような野次が飛び交っています。流石に昔のように簡単に拳が飛んでくる事はないかな。大きな声で子供を威嚇し、隊列を整える光景はなんとも不愉快。野球はこのままいけば、今後は一部上流階級の為のスポーツになっていくのでしょう。いろいろとハードルがあるかと。① 子どもたちでキャッチボールできる場所が減った。② 私が小学生の時、小学校の体育の授業でソフトボールをやってましたが、最近はやらなくなった。→ 手軽にキャッチボールをすることができなくなった。まだ、サッカーはやれるし、小学校の体育の授業で、サッカー、バスケットボール、バレーボールをしたりすることがあります。③ 保護者の負担が、少年サッカークラブより学童野球は大きくて、保護者が進んで、野球をやらせようとすることが減ってる。④ 高校から、初めて硬式野球をすることがやりづらい。中学の時に軟式野球か、中学硬式野球クラブにいた生徒しかやらない。スポーツ推薦の生徒が硬式野球部に多いから、初心者が入部しづらい雰囲気になってたりもする。今年に限っては、今年卒業した部員の代は、「ミレニアム世代」で、今年の高校1年生の代よりも出生数が多かったから、その反動で減ったことが目立ってもいるかと思います。幼児クラスで野球の試合は不可能ですが、サッカーなら内容はともかく試合が出来ます。早くからスポーツをやるとしたら、野球は少し難しいのでしょう。野球はルールもプレーも難しく、練習時間を長く取らないと覚えきれず、ボール一つでプレーが出来るスポーツとは違いがあり過ぎるかれです。少年野球は、休日の殆ど一日中練習をしてやっとそこそこの結果が出せるのに、サッカーやバスケは休日の半日くらいを練習にあてればそこそこの結果が出ますから、空いた時間を家族で過ごせる。①すべてのスポーツで低年齢?エリート化が進み、小学校位の段階でふるい分けがなされるようになった。②素質がありかつ幼少期からお金をかけて育てられた一握りの人だけが、トップクラスを目指せる有資格者で、その他大勢は排除される構図ができつつある。③その結果、惰性で中学~高校と続ける人が減った。むしろ無駄なコスト金銭、時間、労力をかける人数が減って、健全化してきたと思われます。フィギュアスケートは、野辺山合宿で認められた小学生だけが、その後もトップを目指して切磋琢磨していますが、そこで頭角をあらわせなかったら、終わりです。中学、高校で「フィギュアスケート部」を作っても、そこから有力選手が育つことはありませんし、そもそも部員が集まりません。野球も同じこと。リトル又はボーイズの有力選手だけが、強豪校に入って上を目指し、その他大勢は、今までは高校卒業時に野球から足を洗っていたのが、より早いうちに野球をやめるようになっただけです。まず出てくるのは「お金がかかる」これは違いますね。他のスポーツも普通にお金はかかります。最大の原因は日本が人口減少してるからですね。おのずと野球人口も減少します。まず野球はお金が掛かりますから、収入の少ない家庭では金銭的に厳しい所もあるでしょう。 サッカーやバスケでしたらシューズとボールで良いですからね。練習だけなら服は適当な運動着で良いですから。また、汚く、辛く、厳しい、そういったイメージがとても強いのもあります。基本的に丸坊主ですし、オシャレとは無縁の学生生活を送ることになります。 あとは練習に広く、特定の環境が必要、というのも大きいと思います。バスケならハーフコートとリングがあれば、ある程度の練習が出来ますし、サッカーもフルコートでなくても、さまざまな練習が出来ます。ゴールは壁でも、フェンスでも良いですし。野球は難しいですね。他に人がいると非常に危ないですし、バットを使うとなると尚更です。学生の部活だと、バスケやサッカーはカッコよく異性にモテるというのもあると思います。当然野球だってモテる人はモテますが、今の学生にどっちがモテるかと聞けば、大きく差が離れるでしょう。強豪校のエースや4番など、他の部活と大きく差が開くようなら話は別かもしれませんが。他にもあるかと思いますが、思い付いたのはこんな所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です