CiNii 夏目漱石とか太宰治とか明治?大正あたりのいわ

CiNii 夏目漱石とか太宰治とか明治?大正あたりのいわ。わたしは質問者さまの挙げられた、いわゆる文豪といわれる作家たちの本も好きなので、一通り読んでいます。夏目漱石とか太宰治とか明治?大正あたりのいわゆる文豪の作品を一通り読んでいないと、私は読書好きです、と口にするのに何だかためらいを持ってしまいますか 週末読める文豪作品。文豪作品とはなんぞや。 なんて明治?大正?昭和あたりのなんか教科書とかに
掲載される作家さん」高野聖/泉鏡花; 一房の葡萄/有島武郎; 赤いろうそくと
人魚/小川未明; 濹東綺譚/永井荷風; 明治開化 安吾捕物帖/坂口安吾; 富嶽百景
/太宰治; 春琴抄/谷崎潤一郎こちらについては前に記事を書いたりもしたの
ですが。夏目漱石作品の中でも気軽に読めるものだと思います。いわゆる「
ダメ」な文豪たちは。どんな女性も魅力的に描く天才だと思います。

夏目漱石とか太宰治とか明治?大正あたりのいわゆる文豪の作の画像。井。ば「世田谷の三軒茶屋で主婦一〇〇人に聞きました」とか「有楽町 し?内田百間
?大岡昇平?開高健?菊池寛?幸田。「谷崎潤一郎。「太宰治。の井上靖
。その他少数意見 ば差異もあることが分る。ただ。夏目漱石。森鴎外。芥川
龍之介。谷崎潤一郎など明治? 国際的にも。日中文化交流協会会長。日仏文化
会議日仏十人 大正の作家の場合は。評価の基準が作品だけに限定されているの
に 会。日米賢人会議等で日本の知識人を代表して今の言葉で云えば。
いわゆる。みんなで作る本棚。こころ 夏目漱石 こころ 明治の文豪が描く心理描写はとてもきめ細やかで。今の
時代に求められていると思います。/男性/40代 人間のエゴイズム。
葛藤などの深い心理描写が秀逸/女性/30代 高校の教科書にも載ってい

CiNii。序章 K的な不安とSNS—夏目漱石『こころ』;第1章 芥川龍之介は厭世観を
解消するために筋トレをすべきだった?享年二十四;二葉亭四迷—元祖意識
高い系。洋上に死す 明治四十二一九〇九年。病死。芥川賞受賞作を銃後/
外地/皇民化の視点から読み解き。「戦時昭和」期の国内の作品や外地の文学が
どう受け止められた言い訳は「頭痛腰痛咽頭痛」—芥川龍之介「水守亀之助宛
の手紙」;恩着せがましい言い訳—太宰治「義務」 ほか;第3章 文豪vs文豪
恋人日本の文豪トップ10有名人や人気小説家も紹介。芥川龍之介は。主に大正時代から昭和初期にかけて。多くの作品を残した小説家
です。短編小説の名手同時代には。夏目漱石や芥川龍之介。太宰治といった
教科書に登場する文豪たちも活躍していました。しかし。彼らとは

『炎上案件。株式会社 集英社インターナショナルのプレスリリース。『炎上案件 明治/大正
ドロドロ文豪史』好評発売中!本書は。太宰治の「憤怒ふんど」。石川
啄木の「成心せいしん」。与謝野晶子の「晦渋島崎藤村の中二病」「森
鴎外のモンスタークレーマー」「徳冨蘆花の低すぎる自己肯定感」「夏目漱石の
娘そうして文豪たちがドロドロと悶え苦しんだ末にあの名作たちが生まれた
ことを知れば。彼らの作品の面白さは格段にアップすることでしょう。

わたしは質問者さまの挙げられた、いわゆる文豪といわれる作家たちの本も好きなので、一通り読んでいます。でも、もし、読んでいなかったとしても、好きな本があって、それを読むことが楽しければ胸を張って『好きなことは読書です。』といっていいと思っています。文豪と呼ばれる人達の作品はたくさんの人達に認められたから、偉人と呼ばれるような作家になった訳ですが、たくさんの人に認められなくても、それがたった一人でも『この本はすばらしい。』と思って読む読者がいれば、作家にも作品にも、優劣はないのでは無いでしょうか。ですから、好きな本があって、本を読むことが好きならば、読書が好き、と口にすることをためらう必要があるとはおもいません。先にお答えになっている方の仰る通り、文豪作品を一通り読まなくては……、なんてなったら、ほんとうにこの世から、自称読書好き、はいなくなってしまいますね。笑でも、漱石も太宰も三島も鴎外もシェイクスピアもドストエフスキーも、カフカも、面白いですから、読書が好きなら、同じ読書好きの方には、読んだことがないようでしたら、ぜひ、おすすめしたいって思います……!こんにちは。私は、別にためらいは必要ないと思います。「読書」と言っても、何を読むかは人それぞれだと思いますから。ミステリー中心でも、SF中心でも、「読書好き」には変わらないと思います。そもそも、「夏目漱石とか太宰治とか明治?大正あたりのいわゆる文豪の作品を一通り読んでいないと」となると、トルストイやドストエーフスキー、ユゴーやゾラなど世界文学の名作も一通り読んでいないとダメですね。英文学だけでも、チョーサーから始まり、スペンサー、シェークスピア、ミルトン、ドライデン、バトラー、バニヤン、ポープ、デフォー、スウィフト、ジョンソン、リチャードソン、フィールディング、スモレット、ブレイク、ワーズワース、コールリッジ、スコット、バイロン、シェリー、キーツ、ジェーン?オースチンここで、1800年代の初めの方などなど。重要な文学者だけでも、これくらいいます。このあと、テニソン、ブラウニング、ディッケンズ、サッカレー、ジョージ?エリオット、ブロンテ姉妹……と続きますこのあたりで、日本はもうすぐ明治時代にはいるくらい。これらの時代、英文学の主流は「詩」だったようですので、詩人も重要です「文豪の作品を一通り読んでいないと」となると、当然、こう言った文学者の作品も一通り読んでいないと「私は読書好きです」と言うのはためらわないとダメなのではないでしょうか。それだったら、私はいつになったら「読書好きです」と言えることやら……。chi********さん の言われるように、文学だけが読書ではないので、プラトンやデカルト、カント、ヘーゲル、サルトル、ガリレオ、ニュートン最近「プリンシピア」がブルーバックスで出ました、アインシュタイン、レヴィ=ストロース、J.G.フレーザー、ブローデル……ちょっと家にあるのを見たら、いくらでも出てきそうです。こう言った本、少なくとも「夏目漱石とか太宰治」くらいには重要な気がします。新しい本でも、生物学なら「キャンベル 生物学」、分子生物学なら「細胞の分子生物学」、物理学なら「ファインマン物理学」、心理学なら「ヒルガードの心理学」、脳や神経なら「カンデル神経科学」と言ったある程度定番と言える本もありますから、こういうのも一通り読んでおかなくては……。「ワインバーグ 場の量子論」などは、その前に基本的な数学と物理学大学レベルをまず勉強しておかないと読めないし……。読んでおかないと、「読書好き」と言うのは……と言うなら、ハイエルフくらいの寿命を下さい。でないと無理!!いえ、そんなことはないと思います。私は何でも読みますが、やはり好みのジャンルはありますし一通り読んではいません。それに今の小説を読むのも立派な読書だと思います。読んでいないとほかの「読書好き」の人との会話についていけませんね。文学作品を読むことを「読書だ」と思い込んでいる視野が狭い人の質問としか思えない。学問の分野は広い。いろいろな本がある。初めから、「私は〇〇な小説が好きでよく読みます」とでも言えばよろしいのではないかと思います。単に「私は読書好きです」というのは、あまりにあいまいな表現ですし、相手から突っ込んでもらうことを期待した甘えた言い方に思えます。東洋の島国においての小説黎明期の作品ってだけじゃないのかな。私は、そのような作品の話しになった場合の保険として、「読書は好きだけど、名作に関しての知識は乏しい」と付け足ししてます笑別に文学以外のジャンルでもいいと思いますよ。興味をもった時に読んでくれればなと思います。一つ気になったのは、テレビのクイズ番組なんかで、小説のタイトルや冒頭部分から作者を当てるというのをよく見ますけど、正解者の何人が実際最後まで読んでるんだろうと、時々思います。それらをろくに読んでいなくても「読書好き」であると公言しています。躊躇いは全くこれっぽっちもありません。ただ、いい歳の大人として教養不足だとは思います。その事は恥ずかしいので、少しずつ読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です