Newsカテゴリー 実は在日ヒンバ族の我池出裕学????

Newsカテゴリー 実は在日ヒンバ族の我池出裕学????。おかしくはないです。実は在日ヒンバ族の我池出裕学(???????????)と申します 嘘です、中国人です

僕はガチで遊学しています
実は僕の身分は人民政府下の公安局から留学している中国人です
誤解しないで 欲しいのは、中央政府の公安部や安全部の国家警察ではなく地域の人民警察職員です
形式的には、「管轄地域内の日本人組織や個人による犯罪の捜査や逮捕、日本人被害者の救済や保護を効果的かつ効率的実施し合理化を図るため」「そのために日本文化、民族的慣習、社会的習慣、実践的日語、日本の司法制度や刑事法関連などを多岐に現地で学ぶため」的に公安局からの指示で中国の公安は約50の国々へ留学させています
国家警察のエリートは、日本の警察庁をはじめ50の国々の国家警察機関へ相互に留学しています

実は僕は日本留学中も人民警察から月給や賞与が支給されています 中国では賞与を賞金と呼びますが

しかし、ここからがおかしいと思うことがあります
これはガチやばくね 的に日本政府からも月額支給があります
他の先輩などに聞いたら、えっ それ日本くらいだよ、他の国ではないよ 的に回答されました
同期も、えっ ガチなやつ 勝手に金利とられる振り込み詐欺じゃなくて 的な感じでした
ちなみに、日本留学中の住居費や光熱費は公安庁が直接支払ってくれてますから公安からの給与は、そのまま貯蓄されたままなのに、留学先の政府からも給与もらっている感じです 実は公安庁からは日本の物価水準に応じて留学生活費用ももらっています

留学することになった理由はこんな感じです
公安学校から警察署交番へ実務研修に行ってました→学校に戻ったときに警監へ報告に行きました→警監は「はい、ご苦労だったね ところで君たちに話がある??」→海外留学制度があるのに応募枠が埋まっていない、誰もいないのか 早く希望者名簿を送れ的に公安局から強く言われた様子の話が始まった→警監は「行っちゃう 君たち日語の基礎を学んでいるから実践的に水準あげて来ないか 形だけ行ってくれよ、どう 」→ここからミラクル急展開出国準備に向けてGOGOGO暴走列車房総半島も旅してくるぜ チケット準備してもらって、、日本文化も学ぶためドスコイカーニバルなどにも参加するため憤鋭趙代(???????????)という係官が日本留学生活費用を申請してくれて金張乃(????????)という偉い人が本部から許可をもらってくれました

だから、人民警察から月給や賞与が支給されているだけではなく、それとは別に公安庁から日本留学生活に欠かせない生活費や特別手当てが日本の物価水準に応じて支給されています

それなのに、日本政府からは月額240,000円も支給されています
国家警察のエリートじゃないのに、なぜもらえるのですか
ガチいらなくね イヤイヤいるだろう とにかくもらっておこうぜの意見に分かれますが僕はガチでありがたい

日本の皆さんはどう思いますか Newsカテゴリー。死後くん氏のイラストによる地獄釜を囲む二人に癒される1枚です。 死後くん氏
の個展『将軍池』は。大阪開催は先日終了いたしましたが。 東京はにて。

John。なぜ洋服を着ているのかと不思議に思われるかもしれません 私はヒンバ族でも
ありナミビア人でもあります ヒンバは非常に伝統的な暮らしをしています 私
は放牧をしながら育ちました ヤギや羊。牛など 家畜の面倒をみるのです ある日
父が私出身でした 部外者ではなく 私たちの仲間だったのです 時々彼らが
捕まった時でも 大切に扱われコミュニティに戻って来た 拍手 もし
ナミビアを訪れることがあれば 絶対にテントで寝泊まりして下さい 夜に歩き回っ
てはいけません!在日朝鮮人文学。日清戦争後朝鮮政府から日本へ派遣された留学生から成る大朝鮮人日本留学生
親睦会編集の『親睦会会報』年 – 年や在東京朝鮮留学生学友会
による『学之光』年 – 年が出版された。金東仁。朱耀翰らによる
文芸誌『

世界一美しいと言われる民族「ヒンバ族」に会ってきました。ナミビアで出会った世界一美しい民族ヒンバ族について。そして数ある絶景から
ナミビアの魅力を伝えたいと思います。一生お風呂に入らないから臭いは
どうか気になりますよね。実は全く臭くありません!て貰い。最後には伝統的
な歌まで披露してくれました^ ^ そして皆で話をしていると。ちょっとあなた来
なさい。顔を出しなさいと言われ顔になんとオーカを塗られました!ナミビアの絶景ナミブ砂漠や砂丘。ナミブ砂漠。世界一美しい民族。砂丘など。普段目にすることのない景色を
セミナー形式でご紹介します。 ぜひこの機会にナミビアの国について。たくさん
の知識を学んでみませんか? ※オンラインで

おかしくはないです。日本の警察官僚が中国へ留学する際も、給与?賞与や手当などはそのまま支給されています。一方の中国政府からも給与のほか住居費などが支給されています。国や予算が異なりますので、グレーですが許されています。なぜなら、貧しい国へ留学したら相手国からは支給されませんので、留学者には給与などを支払わないとの法改正はできないのです。あくまでも、相手国の温情による措置であり、その温情を図々しくも前提にした給与改訂もできません。有償奨学金で大学に入っても公務員に採用された時点で返済義務は免除になります。それは、公職に従事するために費やした支出と判断されているからです。それと同様に、職務に関係する支出は全て支給されたり免除になったりしています。民間ならば勤務時のスーツや靴は自己負担ですが、役所では年に一回数着分の支給があります。業者が運んできた品数豊富な高めのスーツや靴を自由に選んでいます。また、視察研修といったものもあり、事実上の社員旅行ですが旅費も宿泊代も小遣いや土産代特別手当も支給されます。こんなのは一例であり、民間とは異なりますので留学時の給与二重払い+生活費支給なんて、何がいけないの?と言った意識です。中国の公職に支給しなければ、自分達が中国に行ったときに支給されません。そうした思惑も込みで支給されています。役所では良くある美味しい話。そんな話は日常茶飯事ですので、お構い無く戴いておいて下さい。予算が足りなくなったら増税しますので、ご遠慮なく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です